検索
  • beautokyo

安旨リーズナブルスパークリングワインランキング

更新日:2月17日

デイリーなワインをジャンルごとにランキングして紹介いたします。1000円~2000円台を目安に日々究極の家呑みを目指しています。

日々、ランキングを見直しながら探求しています。

基本的に上から順番が個人的おすすめランキングです。



Baronne du Chatelard Crémant de Bourgogne

シャトー・デュ・シャテラール クレマン・ド・ブルゴーニュ ブリュット

購入2300円です。

下手なシャンパーニュより何倍もエレガントでコクがしっかりある素晴らしいクレマンドブルゴーニュです。個人的にはスパークリングで安旨ナンバー1です。

泡もきめ細かく、ボディはしっかりと分厚く旨みが全面に立っています。

なにも言うことなく美味しいスパークリングワインです。



ラ・クレイル ヴァン・ムスー

LA CRAYELLE VIN MOUSSEUX

ヴィノスやまざきで購入、1630円です。
これは素晴らしい!の一言です。
シャンパンと違わぬ旨さと思います。
最近2000円台で買えるクオリティの悪いシャンパーニュより断然旨いです。
南フランス品種のグルナッシュやムールヴェードルをブレンドすることで、酸が和らぐらしく、これがすべての決め手になっていると思います。
セパージュはシャルドネ、グルナッシュ・ブラン、ピノ・ノワール、ソーヴィニョン・ブラン、ュニ・ブラン、ガメイ


フランス クレマン ド リムー ブラン ブリュット

購入価格:約1500円

商品はこちらです。

南仏の中では冷涼な気候のリムーでシャンパンと同じ瓶内二次発酵で造られるスパークリング。キメ細やかな泡立ち、豊かな香り、ふくらみある味わいが安シャンパンより美味いのです。「シャンパーニュ」という産地にこだわるよりも製法や品質にこだわって選んだ方が正解だと思います!



エドネ キュヴェ ド マリア ブリュット

スペインのラ・マンチャのスパークリングワインです。

購入は1080円です。

ラ・マンチャといえば数年前までは安不味いワインのイメージがありますが、

ここ数年のクオリティアップには脱帽です。

シャンパンと同じ瓶内二次発酵で作られ、熟成規定からカバでもなく、今ではシャンパーニュも2000円台からありますが、全然こちらの方がクオリティ高くデイリーなスパークリングワインとしておすすめです。

泡が細かく長く続き、葡萄の豊潤な旨味もしっかりと感じます。



クレマン・ド・ブルゴーニュ ブリュット(ヴーヴ・アンバル)

Cremant de Bourgogne Brut (Veuve Ambal)

購入は1980円

ネゴシアンですが、コート・ド・ボーヌに広大な畑を所有し、丁寧なぶどう栽培、レベルの高い醸造も行っています。

グラスに注ぐとかなり濃い黄金色、キメ細やかで繊細な泡立ち、桃やアプリコットなど華やかなフルーツの香りに熟成の香りが合わさっています。

この値段ではあり得ないクオリティ、かなりおすすめです。

2000円弱とは思えない黄金色と泡立ちです。



サラザール・クレマン・ド・リムー

購入金額:約1900円

参考サイトはこちら

成城石井で購入です。

南仏の中では冷涼な気候のリムーでシャンパンと同じ瓶内二次発酵で造られるスパークリングです。シャンパーニュの規定ではティラージュ(瓶詰め)からノンヴィンテージで15ヶ月、ヴィンテージ(100%その年のブドウで造られた、収穫年が表示されたワイン)で36ヶ月の熟成が必要ですが、こちらは36ヶ月熟成なので、シャンパーニュのヴィンテージ表示と近い品質表示ということですね。

葡萄はChardonnay, Chenin Blanc Pinot Noir

テイスティングコメントとしては素晴らしいの一言です!!

個人的にはヴーヴクリコに近く、やや酸味のあるシャンパーニュのイメージかと思います。

この値段ではあり得ないクオリティです!!

以下はネットからの備忘録です。

南フランス・ラングドック地方のリムー地区。

実はこのリムーで造られる発泡性ワインが、シャンパーニュより1世紀近く早くから造られている、「世界最古の発泡性ワイン」だと言われています。

ブランケット・ド・リムーは1938年に設定されたAOCで、シャンパンと同じく同じ瓶内二次発酵で造られています。



オイスター・ベイ スパークリング キュヴェ・ブリュット N.V. Oyster Bay Spaarkling Cuvee Brut

購入参考価格:約2100円

参考サイトはこちら

ニュージーランド・マールボローらしく綺麗でエレガントな酸と果実味のバランスが素晴らしいスパークリングワインです。

ニュージーランドサウスアイランドの先端に位置するマールボロー地方オイスター湾。世界有数のワイン用ブドウ栽培地として知られているマールボロー地方の太陽と昔からの土壌という完璧な組み合わせが、オイスター・ベイのワインに素晴らしい特徴を与えています。

オイスター・ベイのワインはできるだけ人の手を加えずに、ニュージーランド独自の寒冷気候ワイン醸造が生む純粋で濃厚なフルーツの風味を生かすように造られています。

泡もエレガントさや繊細さに加え、いききとしたミネラル感を併せ持ちます。

果実味あふれるエレガントさと、すっきりとした後味が楽しめるスパークリングワインです。



ドメーヌ・ヴィニョー・シュヴロー

購入価格:約2000円

参考のサイトはこちら(エチケットは違います)

Vouvray のスパークリング/シュナンブラン100%

ロワールのシュナンブランらしく、生き生きとした綺麗な酸と果実味・蜜感もしっかりとしたコクと旨味。

繊細な泡も魅力な安旨スパークリングです。



アマルテア・クラシック・ブリュット・ナチュレ・レゼルバ

購入価格:約2000円

参考サイトはこちら

スペインペネデスのオーガニックのスパークリングワイン。

品種もチャレッロ マカベオ パレリャーダというカヴァと同じ15ヶ月の瓶内熟成なのでカヴァのレゼルヴァを名乗れるのです

オーガニック&ビオディナミを実践するカタルーニャのワイナリーで、スペインで初めてビオディナミで作ったカヴァのようです。

果実味は豊かでたっぷりとしていて、酸味は綺麗で活き活き、やや塩気のようなミネラルがあって爽やかなエレガント系、

でもしっかり旨味もあり、料理を引き立ててくれます。

また、こちらのワインの作り方が面白く共感が持てます。

標高250mの自社畑で育つブドウをブレンド。7月になると羊の群れを畑に連れ出し、グリーンハーベストを行います。(羊は葉のみを食べ、青い未熟果は傷つけません。)これはオーガニック&ビオディナミの取り組みとして何年も前から採用している方法です。

ブドウは手摘み。シュール・リーで15ヶ月の瓶内熟成。

エチケットが可愛いので女子受けしそうですね。



ヴァッリ・ブリュット

近くのトラットリアのフリーフローでいただきました。

フリーフローといっても90分3300円なので、かなり高めの設定。

スパークリングワインはピエモンテのガルガーネガ100%のこちらでした。

帰ってネットで探すと1200円~1700円で売られてました。

フリーフローにしては良いランクかと思います。

フルーティでコクもしっかり感じられながら酸は主張せずコク旨泡でした。

普段家呑み用に安いところ探そうと思います。

1400円で買えたらラッキーな品質かと思います。



Veuve Henry & Fille Blanc de Blancs

購入金額:約1500円

参考サイトはこちら

シャンパンやカヴァと同じ瓶内二次発酵で造られた、
キメ細やかな泡立ちの辛口スパークリングのBlanc de Blancs
値段以上に美味しい泡。
まずは香りとして白い花が印象的です。
最初は堅い印象ですが
抜栓から徐々に開いていきます
この値段としてはかなりレベル高いと思います。


シレーニ・エステート

購入は約2100円

日本で一番売れているニュージーランドワインです。ホークスベイのシレーニ・エステート。

こちらの目指すスタイルは「フレンチ・テイスト」らしいです。ニュージーランドは、北半球のフランスと緯度がほぼ同じで、気候は非常に似ていると言われており、現在、値段が高騰しているフランスワインのテイストをリーズナブルな価格でいただけます。

こちらはシャルドネ100%です。

シャルドネらしい味わいですが、一瞬ソーヴィニヨンブラン的な若く青草の香りもあって酸味や甘味のバランスが取れた味わいです。



インドミタ・ブリュット

購入は960円です。

インドミタは、2001年にチリで設立された新進気鋭のワイナリーです。チリで「カサブランカヴァレー」と「マイポヴァレー」に、合わせて500haを超える広大な自社畑を所有しています。

創業からまだ20年弱ですが、 注目のワイナリー です。

こちらはカサブランカヴァレーの葡萄を100%使用。シャルドネ60%、ピノ・ノワール40%。

透明感のある黄金色で泡の持続性は比較的長いです。

フレッシュな飲み心地で綺麗な酸、クリーミーな口当たりで余韻も豊かです。

これは素晴らしいスパークリングワインです‼



ディアムール・ブラン・ド・ブラン・ブリュット

DIAMOUR BLANC DE BLANCS BRUT

購入は1280円です。

フランスで100年以上にわたりスパークリングワインを造ってきた老舗蔵元が手がける辛口のスパークリングワインです。ヴィノやまざきらしい安旨です。

フローラルな香りにやや強めにオイリーな風味が広がります。

時間が経つと豊かな果実味とキレのある酸が徐々にバランスよくなっていきます。

値段以上のスパークリングワインかと思います。



ギヨ ガリーグ スパークリング   

Guillot Garrigue Sparkling

ヴィノスやまざきで購入、1080円でした。

980円のスパークリングワインも今や値段だけでは驚かない時代ですね。

軽快で繊細な泡立ち。

白い花の爽やかな香りが感じられ、ジューシーでありつつも綺麗な酸とミネラル、ボディもしっかり目でこれはデイリースパークリング候補に決定です!!



イリス ル ロゼ ブリュット

購入価格:約2000円

ロワールの名門ワインメーカー、カベルネフラン100パーセントのロゼスパークリング。

2000円でこの美味しさです。

アンジュー・トゥーレーヌ地区の葡萄を使用しステンレスタンクで醸造後、濾過をして瓶詰め、瓶内二次発酵。醸造期間は18カ月~24カ月。

外観は華麗で繊細なサーモン色。華やかな花の香りや果実の香りがエレガントで、味わいは辛口、旨味とコクもしっかりとバランスの取れたフルボディのロゼです。



ル・グラン・ノワール シャルドネ

購入価格:約1700円

参考サイトはこちら

南仏ラングドックのカルカッソンヌにほど近くにある ル・グラン・ノワール。

このワインを造るのは、あの『フライングワインメーカー』として名高いヒュー・ライマン。 ヒュー・ライマン氏はイギリス生まれでワイン生産者の父親を見て育ちボルドー大学醸造学科を卒業し、 ペトリュスやイケム、ルイ・ラトゥールなど名だたるワイナリーで経験を積み1988年に南仏に拠点を構えております。

そのヒュー・ライマン氏がその高度な技術と情熱をささげているのがこのル・グラン・ノワールです。

シャルドネとヴィオニエがブレンドされ、 それぞれの特徴が活かされ、黄桃のコンポート・アプリコット蜜・ナッツなどの複雑な香り、凝縮した果実味と綺麗でいきいきとした酸、蜜とやや苦みも感じられリッチな味わいです。

黒羊が可愛らしいチャーミングなエチケット。

南フランスならではの奔放さとエレガントさや複雑さを併せ持った素晴らしいワインです。



CAVA POEMA BRUT カバ ポエマ ブリュット

カルディのブラックフライデーSALE価格で960円でした。

シャンパーニュと同じ瓶内二次発酵でこの値段なので購入。

香りは青りんごや穏グレープフルーツの爽やかな印象、飲み口は柑橘系果実が前面に出ます。やや強めな酸が良い意味でキレのある味わいのスパークリングワインです。



Riondo Prosecco Brut Collezione

リオンド プロセッコ ブリュット コッレツィオーネ

購入金額:約1700円

参考サイトはこちら

カンティーネ・リオンドは白ワインで有名なソアヴェ地域の中心地にあります。

この地区のブドウは、まれにみるマイクロクライメート(微気候)の恩恵を受けており、高品質のワインを生み出すのに非常に適しているらしいです。

若いワイナリーながら、その品質はロバート・パーカー Jr.などにも高い評価を受け注目を浴びています。

熟した桃などの果実味とやや青みのフレッシュ感、酸は綺麗でフルーティです。

シャンパーニュに似たクリーミーできめ細やかな泡たちです。

飲んでみるとまさにプロセッコのイメージを覆す1本です。

しかもコスパがなんとも素晴らしいです!!



Pirovano Spmante Mastio della Loggia Gran Cuvee Brut

マスティオ・デッラ・ロッジア・グラン・キュベ" ブリュット

2016年から2019年までサクラ・アワードで【Gold Medal】を受賞しています。

なんと1000円でいただけるのです。

瓶の見た目もリッチ、グラスに注いでも美しく輝く淡い黄色で1000円とは思えない。

ピーチ、リンゴを想わせる白い果実や花の香りが爽やかです。フレッシュなミネラル感があり、アペリティフや魚介類に最適です。



J.P. CHENET SparKling Rose

約1200円。見た目も綺麗で優雅なボトルです。
冬の小春日和にはちょうどよいです。これから春に向けて重宝するスパークリングです。
店頭でも通販でも比較的どこでも売っています。


HERETAT EL PADRUELL CAVA ROSE BRUT エレタット・エル・パドルエル ブリュット・ロゼ

カヴァの規定の9ヶ月を上回る12ヶ月もの瓶内二次発酵にて造られる抜群のコストパフォーマンスです。それでなんと1000円なのです。

ピノ・ノワールとトレパットを使用しています。春らしい濃い色目のロゼです。グラスからはストロベリーやザクロの赤い果物の香りが広がります。味わいはも薄っぺらくなくしっかりといただけます。これで1000円買うしかないですね。



番外編:シャンパーニュと同じ製法で造られる「クレマン」とは?

「クレマン」という言葉ですが、わかりやすい説明が「エノテカ」さんのサイトにあったのでそのまま転記いたします、さすがプロですね、わかりやすいです。

爽快な泡と飲み飽きない味わいが、誰をも魅了するスパークリングワイン。デイリーなカジュアルワインはもちろん、週末やお祝いの記念日ワインにも幅広く活躍できるワインです。

種類豊富なスパークリングワインの中でも、質の違いを見分けることができれば、シーンによって使い分けることもできますよね。

今回は、上質なスパークリングワイン「クレマン」をご紹介します。味わいは、シャンパンにも劣らないほどのコストパフォーマンスの良いスパークリングワインです。

世界的にも有名なシャンパン(シャンパーニュ)は、シャンパーニュ地方で造られた厳しい規定のある発泡性ワインのため、同じブドウ品種、製法、熟成期間であっても、別の地域で造られたものは“シャンパン”と名乗ることはできません。

クレマンは、シャンパーニュ地方以外のフランス国内の認められた地域で造られる、シャンパンと同じ瓶内二次発酵による伝統的な製造方法で造られるスパークリングワインです。

瓶内二次発酵後、クレマンの大半が最低9ヶ月以上(一部、12ヶ月以上)の熟成を経てリリースされます。使用される品種は、フランスのワイン法A.O.Cの各アペラシオンによって定められているものです。クレマンの中には、オーガニックで造られたものや、シャンパンと同じく「ミレジメ」という収穫年記載のあるクレマンも存在します。

クレマンは瓶内二次発酵製法、かつ収穫から熟成まで定められた規定のスパークリングワインのみしか“クレマン”と呼ぶことはできませんが、フランスにはスパークリングワインの呼び方として「ヴァン・ムスー」、「ペティヤン」などもあります。

「ヴァン・ムスー」はシャンパンを含む発泡性ワインの総称を指し、ガス圧は3気圧以上です。「ペティヤン」は、ガス圧が1~2.5気圧と定められている泡の優しい弱発泡性ワインです。

この二つは、地域が限定されているわけではなく、呼び方の名称です。「クレマン」は、使用品種や製造方法、熟成期間がワイン法で厳しく制定され、認定されている地域も数か所と限定されています。シャンパンよりも気圧が低く、優しく繊細なことも特徴です。

このように、スパークリングワインと一言で言っても、気圧や製造方法・地域などの違いがあります。

クレマンが世界的に人気である理由の一つは、シャンパンに匹敵するほどの香りや味わいです。瓶内二次発酵製法によるきめ細かな泡、柑橘の香りと瓶内熟成による酵母由来の香りで、複雑性もあります。そんなクレマンは、高品質ながら手軽な価格帯であることが魅力です。地方によって品種の違いがあり、それぞれの個性を楽しむことができます。シャンパンと同じシャルドネやピノ・ノワールを使用する場合や、その土地ならではの品種もブレンドされています。

地域によって味わいの個性があるため、冷涼な地域のキレのある繊細なクレマンから、果実味豊かな力強さのあるクレマンまで、バラエティに富んでいます。さらにクレマンは、有名生産者が手掛けていることも多く、生産者ごとの想いによっても個性が際立ちます。

スパークリングワインは料理を選ばない万能ワインですが、複雑性のあるクレマンはシャンパンと同じく、それだけでも十分に香りや味わいを楽しむことができます。料理に合わせる場合にも、前菜からデザートまで幅広くマリアージュするためシーンを選びません。

クレマンを見つける際は、ワインラベルの“Crémant de(またはdu)~”の表示を確認します。

フランス国内でクレマンを名乗れる産地は、クレマン・ダルザス(アルザス)、クレマン・ド・ブルゴーニュ、クレマン・デュ・ジュラ、クレマン・ド・ボルドー、クレマン・ド・ロワール、クレマン・ド・リムー(ラングドック)、クレマン・ド・ディー(ローヌ)、そして最新ではクレマン・ド・サヴォワを含めた八つがA.O.C.として認定されています。

中でも圧倒的な人気を誇るのが、クレマン・ド・ブルゴーニュ。こちらはシャンパンと同じ、高貴な品種であるシャルドネやピノ・ノワールが使用されます。冷涼な地域で造られるスパークリングワインは、フレッシュさとミネラルを感じ、キレのある味わい、かつ長い余韻が楽しめます。高級ワインを造り出す銘醸地から生まれるクレマンは、シャンパンと同様の格式を感じることができます。

クレマンはフランスが有名ですが、他国でもクレマンが生産されています。

ドイツでは、高品質ランクのゼクトb.A.に属する規定されたクレマンや、ルクセンブルクでも高品質なクレマン・ド・ルクセンブルクが存在します。どちらも手作業による収穫や製造方法など、厳しい規定が定められています。フランスだけではなく、他国でも高品質スパークリングワインとしてクレマンの名が浸透しています。


閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示