検索
  • beautokyo

安旨リーズナブルイタリア赤ワインランキング

更新日:3月9日

デイリーなワインをジャンルごとにランキングして紹介いたします。1000円~2000円台を目安に日々究極の家呑みを目指しています。

日々、ランキングを見直しながら探求しています。

基本的に上から順番が個人的おすすめランキングです。

2年以内のワインで古いものは削除していきます。



ルリ アッパッシーテ マスカ デル タッコ Luli Appassite Masca Del Tacco

購入は1680円です。

イタリアで高い注目を集めるポッジョ レ ヴォルピが造るブティックワイナリー「マスカ デル タッコ」

こちらの「ルリ アッパッシーテ」は6年連続して『ルカ マローニ』で98点を獲得しています。

セパージュはネグロアマーロ、シラー、カベルネ ソーヴィニヨン、乾燥ブドウによる濃密さは、北イタリアの銘酒「アマローネ」の風格に引けをとらないインパクトがあります。

濃密で深いルビーの色調。完熟したプルーンやブラックベリーの濃厚なアロマとハーブの香りが広がります。
口に含むと、黒と赤の果実味がしっかりで分厚さを感じますが、収斂されたまろやかなタンニンと綺麗で穏やかな酸が見事に溶け合い、ボディの骨格を感じながらもバランスが素晴らしい野性味を感じながらもエレガントなワインです。


ネーロ ディ トロイア プーリア カンティーナ クリフォ Nero Di Troia Puglia Cantina Crifo

購入は1480円です。

生産者協同組合カンティーナグリフォカンティーナがプーリア最古の土着品種ネーロディトロイアを使用して、バリック樽で約6か月熟成させて造る、滑らかでまろやかな味わいの赤ワインです。

ワイン王国118号の超特選ベストバイワイン“1000円台で見つけた冷やして美味しい赤ワイン”で5つ星を獲得したワインです。
畑は全て海に面した丘陵斜面にあり、海面から、涼しい風が吹きブドウに水分をもたらし、暑さから守られています。
ヴァニラやクローブなど凝縮感のあるアロマが、全体的に力強い印象を与える。口当たりはまろやかで、飲み心地がい。ワイン単体で楽しめる甘味があり、余韻も長く味わえる。」とコメントされています。

1000円台前半にして『ルカマローニ』で2016年、2017年が98点、2019年、2020年は97点の高得点を獲得しています。

プーリア州最古のブドウ品種ネーロディトロイア。赤いベリーを思わせる豊かな芳香とボディの強さがありますが、タンニンを多く含む品種です。

バリック樽で約6か月熟成されます。

黒みがかった濃厚な色合いで、ラズベリーやチェリー等の赤い小さな果実にスパイスや樽由来のバニラのニュアンスが重なります。凝縮感があり、ボディの強いネーロディトロイアの個性がありつつも、バリック熟成で見事に纏め上げられた円やかさ、伸びやかな酸味と目の詰まった滑らかさが感じられます。

開けると、穏やかに溌溂としたラズベリーやクロスグリのアロマがふわっと香ります。

タンニンは豊富ですが、かなり収斂されてシルキーです。赤や黒の果実味と綺麗でみずみずしい酸味とのバランスが取れていて、甘さが前面に出ておらずバランスの完成度が素晴らしいです。

飲み進めていくと果実味とともにスパイシーさが重なり、しっかりとしたボディが感じられます。1480円とは、かなり驚きの安旨リーズナブルワインです。



ヴァルポリチェッラ クラッシコ スペリオーレ カンポリエティ リパッソ

写真はハーフサイズですが、通常だと2300円ぐらいです。

開けるとプラムやプルーンのような香りが漂います、口に入れると赤や黒の果実味が豊かでしっかりと余韻が長く続きます。

「リパッソ」という手間がかかる割にリーズナブルで、かなりパフォーマンスが良いと思います。

ちなみに「リパッソ」とは、「元に戻す」という意味。

2度発酵させるのが特徴で、1回目は通常の収穫後、10月に行います。2回目は、2〜3月に、アマローネの搾りかすにと一緒にして、再び発酵を行います。

アマローネの力強さとアロマをワインに与え、通常の作り方では到達出来ないレベルに高めることが出来ます。アルコール分も最低1%上がります。



ICARIO 2009

ヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチアーノ(イカリオ)

購入金額はこのビンテージでなんと1600円でした。

トスカーナのサンジョベーゼとカナイオーロというセパージュ。

10年以上熟成されているからか開けて30分くらいするといろんな香りがします。

スミレ、チェリー、ブラックベリーの芳醇なアロマ、

サンジョベーゼならではのオリーブと熟した果実味、エレガントな酸と奥深く収斂されたタンニン。

ヴィーノ・ノビレ=高貴なワインの名にふさわしい素晴らしいワインです。



Monsordo Ceretto モンソルド チェレット

購入価格:約2700円

参考サイトはこちら

バローロ&バルバレスコの名門チェレットが造るピエモンテ産ボルドーブレンドです。

国際品種のカベルネ、メルロー、シラーをブレンド、ある意味スーパータスカンのピエモンテバージョンといった印象でしょうか。

確かに個人的にもスーパータスカンを匂わせるボルドーライクな仕上がりです。

多分、このワインも値上がりしそうな予感です。

ホームパーティなどの”お持たせ”にも最適なワインかと思います。

牛肉のラグーなどしっかりめなパスタに合います。



Bricco Maiolica Langhe Nebbiolo

購入価格:約2800円

参考サイトはこちら

イタリア ピエモンテ ランゲのネッビオーロです。

エレガントなエチケットらしく味わいも綺麗です。

確か、どこかのワインフェスティバルかなんかで買ったのか

正直に最初に飲んだ印象はというと、ピノノワールに近い??

と思いました。

調べると作り手がピノノワールが好きらしいです。

まずはネッビオーロらしくタール香がきます。

いちごやベリー系の果実味がかなりガツンときてスパイスや適度な樽香もあります。

酸は強いですが、あまり気にならないぐらいバランスが取れています。

見つけたら即買いだと思います。



IrRosso Di Casanova Di Neri Casanova Di Neri

イロッソ ディ カサノヴァ ディ ネリ カサノヴァ ディ ネリ

購入金額:約2500円

参考サイトはこちら

カサノヴァ ディ ネリは新世代ブルネッロのリーダー的造り手で、「ブルネッロ ディ モンタルチーノ チェッレタルト 2001」は世界的3つの評価誌で100点&最高点を同時に獲得しており入手困難なワインになっています。

そんな作り手が作る偉大なテーブルワイン「イロッソ」です。

サンジョヴェーゼ主体にコロリーノ種を少量ブレンド。

レッドチェリーやダークチェリーが入り混じるフレッシュな果実香にスミレの花や涼し気なミネラルが綺麗に寄り添います。

ジューシーで果実味の旨味と伸びやかな酸とミネラル、スパイスのニュアンスもあって、完成度の高いテーブルワインです。



Il Burchino

ブルキーノ サンジョヴェーゼ カベルネ メルロー

購入は約2300円でした。

近所のビストロに持ち込んでいただきました。

トスカーナ州の名門が手掛ける本格派スーパータスカン。

セパージュはサンジョベーゼ、カベルネソービニヨン、メルロー。

重厚な味わいに樽のフレーバーが渾然一体となった素晴らしいハーモニー。

外観は濃いルビーで綺麗です。

ナツメグなどスパイシーな香りとベリー系の赤い果実のアロマも感じられます。

味は色合いの割に濃くフルーティなミディアム~フルボディ。

洗練されたエレガントなスーパータスカン。

個人的にはメルローが良い役割していると思います。

濃厚なイタリアンにバッチリ合うワインです。



マッソ アンティコ プリミティーヴォ サレント シェンク イタリア

Masso Antico Primitivo Salento Schenk Italia

購入は約1700円です。

『ルカマローニ』で6年連続最高得点99点を獲得した赤ワインです。

プリミティーヴォを厳選し、自然な海風の下で半乾燥、発酵後、フレンチオークの樽で約6ヶ月間熟成。

通常のプリミティーヴォでも果実感はしっかりとしているのですが、半乾燥させていることでより凝縮感が増しています。

スパイスやトーストの香りがしっかり、味わいはプルーンやイチジクを思わせる濃密な果実感、タンニンは心地よく収斂されており余韻も長いです。

このプリミティーヴォを飲んだら病みつきになること間違いなしです。

これはリピート確実な安旨リーズナブルワインです。



イ ムリ ネグロアマーロ ヴィニエティ デル サレント I Muri Negroamaro Vigneti Del Salento

キャッチーなトカゲのイラストが可愛いです。

『リアルワインガイド』でも2年連続旨安大賞&旨安賞を獲得!

購入は1290円です。

2016年が『リアルワインガイド』で”3000円以下の本当においしいワイン”に選出、旨安大賞を獲得、2017年も旨安賞を獲得し、2年連続で旨安大賞&旨安賞に選ばれたワインです。

テイスターのコメントは、「ベリー風味満載の美味しいワイン。特に黒ベリーです。その黒ベリーが滑らかに香り、樽からのほんの少しのクリーミーさが加わって、黒いけどきれいな香り。味わいは更にベリー祭りが盛り上がり、甘いけど酸も効いているので美味しい甘酸っぱさがジューシーに口に拡がる。良い意味で軽快な美味しさ。」と大絶賛です。

確かにブラックベリーの果実味と心地よい樽感、綺麗な酸、収斂されたタンニンで、バランスよく口当たりまろやかでエレガントに仕上がっています。



プリミティーヴォ ディ マンドゥーリア ポッジョ レ ヴォルピ Primitivo Di Manduria Poggio Le Volpi

『リアルワインガイド』2008年(23号)で旨安大賞を受賞していますが、10年が経過した2018年秋の63号で「これまでに旨安大賞を受賞したワインは、ヴィンテージが変わっても旨安大賞に値するかどうか」を検証した企画で見事「今も旨安大賞だった」と認定。永遠の旨安大賞の称号を獲得しています。

定期的に気になって『リアルワインガイド』の特集のワインを買いますが、流石素晴らしい評価基準かと思います。

こちらは1210円で購入です。

リアルワインガイドのテイスターのコメントは、「陰干しブドウを思わせる甘く凝縮した香り。でも飲むとそれほど甘さを感じないのは、果実味の周りを酸がすっぽりと覆っているから。かといって酸っぱくもなく、絶妙な塩梅でバランスがとれている。何よりも味付きの良さがこのワインの特徴で、一口飲んだ途端に華やかな味わいがパ~ッと広がる。そしてそれが最後までしっかり続くのが、これまた嬉しいところ。ちょうど良い濃度の液体に美味しさがギュッと詰まっている。」

もうこのコメント通り、我が家のデイリー安旨リーズナブルワインに決定です。



ミケランジェロ ロッソ トレ ヴェネツィエ ヴァッレ Michelangelo TreVenezie Rosso Valle

こちらは、『リアルワインガイド』56号で2016年旨安大賞を受賞しています。

『リアルワインガイド』旨安大賞はかなり信頼できる賞かと思います。本当に外れないです。購入は1290円とかなり安いです。

テイスターのコメントによると、「華やかで複雑で品のある芳香。たっぷりのスミレとベリーにクリーミーさが加わった麗しい果実味と、イタリアらしくしっかりめのタンニン。この味わいは女性受けもバッチリだし、何よりこの価格でこの美味しさはスゴイ!」と大絶賛。

メルローと、フリウリの土着品種レフォスコのブレンドです。

チェリーやスパイスの華やかな香り、味わいは黒や赤いフルーツのまろやかな果実味、綺麗な酸としっかりとしながらも収斂されたタンニンがバランスよく仕上がっています。



カントドーロ/フェウド・アランチョ

購入金額:約1600円

参考商品サイトはこちら

この音符のエチケット(ラベル)がついたワイン「ダリラ&カントドーロ」。

「カントドーロ」(赤)と「ダリラ」(白)は、「国際品種とシチリア地ブドウのブレンド」によるワインなのです。

ブドウ品種の素晴らしい出会いを、

シチリアに伝わるカントドーロ(男性)とダリラ(女性)のラブストーリーに重ねており、

エチケットには、この愛を歌った楽譜があしらわれています。

「出会い」を意味するワインなので、演出次第ではいろいろ使用シーンはありますね。

「フェウド・アランチョ」でも人気の地品種ネロ・ダーヴォラと海外品種カベルネ・ソーヴィニヨンとの素敵な出会いで高品質な赤ワインになっています。 太陽の恵みをたっぷりと受けた芳醇な果実味と、コクのあるボディが楽しめる本格派フルボディがこの値段でいただけるのはおすすめです。



Talo Primitivo di Manduria タロ プリミティーヴォ ディ マンドゥーリア

購入価格は2000円です。

プリミティーヴォ 100%リッチで濃厚、凝縮感のある赤 ブラックベリーやプルーンなどのしっかりとしたベリー系のアロマに、樽熟成によるカカオやヴァニラのアクセントが心地よく、みずみずしいけどリッチで分厚くビロードの様な滑らかな口当たり、暖かい地域のプリミティーヴォらしく余韻にはほんのりと甘みを感じます。

2000円では申し分のないワインです。

以下はネットからの備忘録です。 イタリアをブーツに例えるならば、サン・マルツァーノはそのハイヒールの部分。イオニア海とアドリア海に挟まれた狭い半島の中心付近にあります。

サン・マルツァーノはプーリアの南側に位置しています。南プーリアの土壌は赤土で石灰質の豊富な土壌。土は深さ約50cm程度しかなく、その下はすぐ石灰石になっています。そのため農作物の根はすぐに石の部分まで届き、鉄分で実が赤くなるといわれる程。ブドウの生育に非常に適した土壌といえます。さらに、非常に温暖な気候ながら海へはサン・マルツァーノの畑から車で5分程度でたどり着くほど近いため、朝夕には潮風で畑が冷やされ、果実味に溢れながらもきちんと酸味を保ったワインづくりを可能にしています。 この地域の特徴は何と言ってもプリミティーヴォ種。 二つの海に挟まれた地中海性気候とアフリカから吹き寄せる乾燥したシロッコという風が、プリミティーヴォ種から独特なエレガントな個性を引き出します。 「光の町」と称されるサン・マルツァーノで、年に一度町の守護聖人の捧げるために炊かれる大きなかがり火を「タロ」と言います。 そこにはブドウやオリーブの木がくべられ、きらめく炎は人々の未来への希望を表しています。 夜の闇を悠然と照らし暁に消えゆく炎をイメージしたのがこのワインです。



Sicilia Rosso Antale

購入は約1600円でした。

シチリアの豊かな太陽の下で生まれ育ったネーロ・ダーヴォラとシラーが凝縮した赤い果実の味わいをもたらしてくれます。

濃厚な味わいなので、濃い味のソースのイタリアンとの相性抜群です。



ファットリア・ヴィティッチオ

Fattoria Viticcio Chianti Classico

購入価格:約2200円

参考サイトはこちら

まずテイスティングは

サンジョヴェーゼ種らしいしっかりとした骨格。

あまりキャンティに良い印象がなかったのですが、果実味と酸のハーモニーのバランスが良く樽熟成もしっかりです。

完熟チェリーを想わせる豊かな果実味の中に、サンジョヴェーゼ種らしい酸があります。

ミネラル感も伴って全体的にキャンティらしからぬエレガントな味わいです。

ワインエンスージアストやワインアドヴォケイトでも2007年から高評価なキアンティクラシコです。

購入金額は約2000円でした。これは食中酒として飲み空きがしないナチュラルさが心地よい1本です。

50%をオーク樽でマロラクティック発酵&オークのバリック樽で驚異の12ヶ月熟成、チェリーやベリーなどの果実に、コーヒーの焙煎の香りが加わる!オリーブのような塩っぽさもちょうど良くミネラル感も上品に感じます。まろやかでバランスにも優れた1本です。最近のヴィンテージはエチケットが変わっているみたいですね。



トゥア・リータ ロッソ・ディ・ノートリ

購入価格:約2300円

参考サイトはこちらです。

実にトスカーナらしい1本です。

トゥア・リータでは、メルローの「レディガフィ」、シラーの「トゥア・リータ・シラー」、サンジョベーゼの「ペルラート・デル・ボスコ・ロッソ」、カベルネ・ソーヴィニヨン メルロー カベルネ・フランの「ジュスト・ディ・ノートリ」の各高級ワインが作られています。

この「ロッソ・ディ・ノートリ」は同じ畑からのそれぞれの葡萄で出来たセカンド・ワインです。(サンジョベーゼ50% メルロー20% カベルネ・ソーヴィニヨン20% シラー10%)

(サンジョベーゼ50% メルロー20% カベルネ・ソーヴィニヨン20% シラー10%)

味わいはジューシーで、フルーティで甘いアロマもあり、

程よい濃さで優しく柔らかさもあり、タンニンも程よく渋すぎはしません。

タンニン・酸ともにまろやかで、ミディアムボディでバランス良好。

トスカーナの食中ワインではかなりバランスの良い1本かと思います。



トゥルッリ サラチェーナ プリミティーヴォ・サレント

TRULLI Saracena Primitivo Salento

購入金額:約2200円

IGTですが素晴らしいです。

プリミティーボらしい香りも果実味も飲みごたえも十分ありますが、生き生きとしたジューシーさも感じるので、ちょっと冷やして飲むのも良いと思います。



レンツォ・マージ キャンティ

かなり安いサイト発見です!!

購入金額:約1100円(店で3680円)

これは安い!美味い!!

見つけたら買うべしイタリアワインだと思います!!

かなりオススメのワインです。

以下はいろんなサイトのコメントですので参考にしてください!

イタリアを代表するルフィナ地区で生産される高品質なキャンティ。

日常ワインとして楽しむことのできる手頃な価格設定で、多くのファンをつかんでいる。

フレッシュな果実の香り、味わいはダークチェリーのような華やかな果実感に、樽香が奥行きを添える。タンニンの支えもしっかりあり、濃いチョコレートのような感じもある。

レンツォ・マージ キアンティは、今急速に有名になりつつある醸造家、パオロ・マージ氏のワイナリー「レンツォ・マージ」により生産されている。同社は1930年にパオロ氏の祖父により設立され、創業当初から「品質と価格」へのこだわりを標榜していた。

丁寧なぶどう作りと、そのぶどうのポテンシャルを最大限に引き出したワインの数々は、インターナショナルな品評会やワイン雑誌にて、高く評価されている。



Tua Rita Rosso dei Notri

トゥア・リータ ロッソ・ディ・ノートリ

購入価格:2000円

参考サイトはこちら

またはこちら

サンジョヴェーゼ中心にカベルネ・ソーヴィニヨン, シラーがブレンドされてエレガントな味わいになっております。

スーパータスカンとはいきませんが、なかなか面白いアプローチです。

天才では無い真面目な優等生を感じました。

今はエチケットが替わっていますが、

良質なデザインが象徴するような賢いワインと思います。



マルヴィラ ランゲ・ロッソ

購入価格:約2000円(ビストロでは約4600円でした)

参考はこちらのサイトへ

ネッビオーロらしく美しいルビー色の色調。

カシス、アメリカンチェリー、これまたネッビオーロらしいタール香としっかりしたタンニンが上品にバランス良く溶け込んでいます。

この価格とは思えない素晴らしい1本です



LEONARD DAVINCI CHANTI

レオナルド キャンティ

購入は約1300円です。

参考サイトはこちら

まずは、ネーミングとエチケットがいいですね。

こういうワインは絶対美味しいはずです。

日本ではサントリーが扱っているみたいですので品質は保証されていますね。

香りは値段相応ですがチェリーのしっかりとした果実の香りがあります。

サンジョベーゼらしいオリーブオイルとチェリーの果実味、黒こしょうなどのスパイスのニュアンスも感じます。

キャンティも昔は当たり外れが多かったですが、この値段でこのクオリティ。

かなりオススメコスパなキャンティです。



Astrale Rosso Vino D'italia

アストラーレ ヴィーノ ロッソ ディタリア

購入金額は1100円。

イタリア各地の良質葡萄をブレンドして、美味しいワインを目指しています。

アストラーレはイタリア語で『星』の意味。イタリアの周りを十二星座がグルリと囲むパッケージデザインが目を引きます。

使用品種は40%プリミティーヴォ、30%サンジョヴェーゼ、15%モンテプルチアーノ、15%ネロダヴォラがセパージュされているみたいです。

アロマはスミレの花とややスパイス。

ファーストアタックはやや甘く感じますが、しつこくない甘さと熟したチェリーやプラムが中心でわかりやすいしっかりとした味わいです。

プリミティーボがメインのセパージュらしく、フルーティでフルボディなワインに仕上がっています。



パッショーネ オーロ アパッシメント コンティ ゼッカ Passione Oro Appassimento Azienda Agricola Conti Zecca

購入は約1300円です。

プーリアの豊かな太陽を浴びたプリミティーヴォ100%で造られます。

パッシートと言えば、収穫後、屋内で陰干しして乾燥させますが、こちらは畑で樹上で生ったまま自然乾燥させるプーリアの伝統的製法で造られているパッシートなので、ドライフルーツのような香り、凝縮した果実味がジューシーで濃厚な余韻が味わえます。

この値段ではあり得ない濃密フルボディな赤です。

これはかなりおすすめのテーブルワインです。



Faunus Primitivo di Manduria

ファウヌス プリミティーヴォ・ディ・マンドゥーリア

銀座のカジュアルイタリアンにて2750円でした。
ネットだと1500円ぐらいで購入できると思います。
個人的にカジュアルイタリアンでワインを注文するときは、白ならファランギーナ、ヴェルメンティーノ・ヴェルディッキオ、赤ならプリミティーボなら外れなしと思っています。

プーリア州の土着品種プリミティーヴォらしく、まずフルーティーな香りが強いのが特徴です。しっかりとした酸とベリー系の果実味が豊かで非常に豊よかなワインです。

この値段で銀座のイタリアンでいただけるのは嬉しいですね。

本当に安くて美味しいワインがいただける店がどんどん増えていきますね。BYOも増えて欲しいなぁと思います。



ガロフォリ アンティカ・オステリア・ロッソ

銀座イタリアンの名店「サーラ アマービレ」のフリーフローでいただき美味しかったので、ネットで調べてみました。
1200円ぐらいです。

サンジョヴェーゼとモンテプルチアーノというマルケで古くから栽培されているポピュラーなブドウで造る赤。軽やかな口当たりですが、豊かな旨味と余韻も感じ値段の割にしっかりとしたテーブルワインです。



ネプリカ・プリミティーヴォ NEPRICA PRIMITIVO

名門アンティノリがプーリアで造る赤ワイン、銀座のカジュアルイタリアンで4900円でした。

カジュアルイタリアンで赤ワインで安旨ワインではプリミティーボを注文すれば間違いないですね!

しっかりとした果実味と適度な酸味、柔らかなタンニンであらゆる食事に合いました。



Fina Nero D'avola Cantine Fina Vini

フィーナ ネロ ダヴォラ オーガニック 

サッシカイアのメンバーが関連しているらしく購入です。

1290円ででした。

イタリアの高級レストランでも採用されているみたいです。

ネロ・ダヴォラの熟した果実の風味とまろやかな渋みが

良い感じでまとまっています。

1500円アンダーでは素晴らしいテーブルワインかと思います。



Chianti Rufina VILLA DI VETRICE

キアンティ ルフィナ ヴィッラ・ディ・ヴェトリチェ

購入金額1700円。

フィレンツェの北東に位置するルフィナ地区は、キアンティの生産地の中でも最良とされています。

キアンティらしくオリーブの塩っぽさとミネラルを感じ、シルキーで果実味豊かな飲み口です。カジュアルでジューシー、酸は少し高めなのでトマトベースのパスタやの煮込み料理に合いそうなエレガントなワインです。



ドンナ・マルツィア・プリミティーヴォ

購入金額は1300円です。これはイタリアワインの中ではかなりコスパ良いのでは無いでしょうか。

プーリアの樽熟成の濃厚プリミティーヴォがこの値段です。新樽100%の贅沢仕様。

イタリア国内に限らず海外でも大注目の大御所生産者コンティ・ゼッカによる濃厚なプリミティーヴォです。

プリミティーヴォ85%にネグロアマーロ15%をオーク樽にて3ヶ月熟成で新樽100%の贅沢仕様です。

熟した果実の甘いニュアンスと収斂されたタンニンが綺麗にまとまっています。

この値段ではありえないクオリティ、かなりおススメです。



TOMMASI GRATICCIO APPASSIONATO ROSSO

トンマージ グラティッチョ・アパッショナート・ロッソ

カルディで約1300円でした。

イタリアのアパッシメントは大体外れないので金額が安ければ買うことが多いので、この値段ならと即購入です。

グラスに注ぐとアパッシメントらしく甘いレーズンの香りが漂います。ベリーや黒い果実の香りもします。

口に含んだ瞬間は、アパッシメントらしい凝縮したブラックベリーやレーズンの凝縮した果実味を感じますが、比較的軽い飲み心地です。

アパッシメントは飲み疲れすることもありますが、こちらはどちらかというとスイスイ吞める感じです、やや冷やし気味で飲むのがおススメです。



Barone Ricasoli Mille 141 Toscana Rosso 

バローネ・リカーゾリ ミッレ 141 トスカーナ ロッソ

情報があまりないのですが、銀座のカジュアルイタリアンで2850円でした。

しかしながら、リカーゾリ家はキャンティクラシコ地区の名門で代表的なワイナリーで、キャンティの製法に深く関わっているそうです。

香りは穏やかであまり主張はないです。飲み口はミディアムでタンニンは収斂されており旨味がしっかりとしながらも爽やかな印象で飲み心地よいです。

昼間にやや冷やしながら飲むのにぴったりなワインです。



Huge Schioppettino Merlot

品種はSchioppettino (スキオペッティーノ)と Merlot (メルロー)のセパージュです。

がぶ飲みの安旨イタリアワインです。マグナムボトルでいただきました。

スキオペッティーノはフリウリの土着品種で皮が厚いブドウです。
ジューシーさとメルローの旨味が上手くまとまったカジュアルワインです。
デイリーながぶ飲みワインでおススメです。


Trifula Piemonte Rosso

カルディで約1200円で購入です。

かわいいトリュフ犬のラベルが可愛く印象的です。

バルベーラが主体みたいです。

カジュアルなデイリーワインとしてはかなり優秀と思います。



コリンツィオ ネロターヴォラ

カルディで購入、約900円です。

散歩のついでに有楽町のカルディで購入です。

シチリアの地品種ネロターヴォラとシラーのセパージュです。

開けたてからしっかりと旨味が感じられこの値段では十分な内容でした。

これはこの秋のテーブルワイン候補に決定です。



Primi Soli Sangiovese プリミ・ソリ サンジョヴェーゼ

約1200円で購入です。値段が安いですね。プーリアのサンジョベーゼです。

もっと安っぽいかなと思いましたが、ちょっと冷やしてガブガブ飲むには十分ですね。

サンジョベーゼの特長のオリーブの塩っぽさも感じて、なかなか良いですよ。



Campagnola Valpolicella Classico

カンパニョーラ ヴァルポリツェラ クラシコ

購入価格:約1800円

参考サイトはこちら

ロミオとジュリエットの舞台、ヴェローナのワイン。

凝縮したチェリーとイタリアらしい適度なタンニン。

値段相応で、万人に受ける美味しい間違いないワインです。



フェウディ・デル・ピショット

ファッションとワインを融合させた芸術的ワイナリーらしいです。

購入金額は約3800円とやや高めです。

ファッションデザイナーのヴァレンティノによるエティケットらしいです。ワイナリー最古の畑のブドウを使用しているらしく、メルロ100%の呑み応えのあるワインです。

やはりですが、値段以上ではないと思いますが、美十分しいですし、パーティなどでは映えるワインです。



閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示