検索
  • beautokyo

銀座おすすめランチ/銀座周辺ラーメンおすすめランキング

更新日:3月26日

銀座にはあらゆるジャンルの美味しい店がありますが、銀座在住の筆者による銀座周辺(銀座駅から歩ける距離:新橋・日比谷・有楽町・京橋・日本橋の銀座寄りの店)の個人的ランキングです。

基本は個人的コストパフォーマンス順に記載しており、随時入れ替えを見直しております。

是非、銀座ランチの参考に役立てください。



銀座 八五

食べる度に研ぎ澄まされる旨さ!まさに芸術品‼

続きはこちら



麺処 銀笹

「ラーメンと鯛茶漬け」奥深い銀座のラーメン!

昭和通りを銀座から新橋方向へ 銀座東7丁目を少し左折した路地にあります。 本日は 銀笹 白醤油ラーメン 880円 白醤油を使った上品なラーメン。 半鯛飯 220円 合計1100円 という贅沢な昼ごはんです! まずは スープからいただきます 見た目は普通の醤油ラーメン。 えぐみは全く無いが濃厚な魚介や 甘い野菜の味、鶏ガラ・豚骨なども 複雑に混じり合った旨味溢れる味です。 決してしょっぱくなく 日本料理の出汁にように あっさりだが、旨味がしっかりとしたスープ。 麺はある程度低加水の細麺縮れです。 旨味溢れるスープをよく纏ってくれます。 チャーシューは焦がしてあり 思いっきりジューシーというか ある意味オイリーな食感 あっさりなスープとは裏腹で めちゃくちゃ良いと思います 味変化のための薬味は アオサと焦がしタマネギ 何と言ってもつ2個乗ってくるつくねが美味しい 魚介とレンコンの食感と旨味が素晴らしい。 麺を食べ終わると スープを鯛めしへと投入。 銀座は「鯛めし茶漬け」が有名なお店が多いですが 極上のラーメンを食べられるこちらは やや値段は張りますが かなりオススメなお店です!



松戸富田麺絆

松戸・空港までいかなくても、あの絶品つけ麺「富田」がいただけます!

東京駅に繋がってる商業ビル「KITTE」地下のレストラン街にあります。 日曜日14時過ぎですが列がありました。 20人ぐらいでしょうか、 待つこと15分で入店です。 席に座る前に注文です。 濃厚つけ麺 特450g 1220円 座ると「特」は多いですよ とコーションがありましたが、 450gなら全然大丈夫です。 座って約10分で到着です。

まずは何もつけずに極太めんを さすがに小麦の旨さ炸裂です。 美味しさの魅力は 空港店もそうですが、こちらの支店も素晴らしいですね。 並んでも食べたい一軒 こちらでは本店よりも少ない並びなのでかなりおススメです。



銀座 朧月

中央通りから銀座西5丁目を超えて泰明小学校の角を左に曲がると支那麺(担々麺ですが)はしごの隣にあります。 土曜日の15時で約10分待ちでした(土曜日の昼は16時まで) 濃厚つけ麺中300g850円を券売機にて注文。 並200gから大400gまで100円づつアップです。 5分ほどで到着。 麺は熱盛りもできます。 個人的には熱々のスープに熱々の麺が好きなので嬉しいです。 でも本当は麺のコシを楽しむには一回冷水で締めた方が美味しいんですよね。 まずはつけ汁を一口。 見た目は濃厚魚介系でドロドロした感じですが、 魚介の出汁が適度に前面に立つぐらいで、くどくないけど癖のある味です。 動物系の出汁は控えめに感じます。 極太麺のストレート麺にうまく絡んで絶妙なバランスです。 三河屋製麺の極太麺はそのまま食べてももちもちで小麦のうまさを感じることができます。 そんなに突出した感じはないですが、 麺・スープ共に良いバランスで最初から最後まで美味しくいただけるつけそばでした。



銀座 篝 本店

銀座篝 博多の水炊きのようなポタージュのような濃厚スープに鶏の旨味が絶妙!!

銀座6丁目

西銀座(外堀)通りと数寄屋通りの間の1本細い路地に入ったところです。

隣近くに酒粕ラーメンの風見、数寄屋通りには行列の朧月、支那麺はしご本店など

西銀座方面ではラーメンの激戦区ですね。

日曜日の17時過ぎではぎりぎり二人席が空いており待たずに入れました。

ミシュランガイドのビブグルマンはコロナ禍でも流石ですね。

今や東京だけではなく、大阪や札幌にもあるみたいです。

入店して壁向きのカウンターに案内されました。

一番シンプルな

鶏白湯Soba 1,100円 麺大盛りプラス100円

を注文です。

約7~8分で到着です。

見た目は黄色ぽいドロッとした濃厚なスープ

上には鶏ムネ肉チャーシュー

パプリカ・カイワレ・三つ葉などがのっていて

写真映えしますね~

まずはスープを一口

博多の水炊きのようなポタージュのような濃厚スープに鶏の旨味に

魚介や野菜の甘さが溶け合い、くどくないけど濃厚なスープに仕上がっています。

濃厚ですが、ごくごく飲み干せるあっさり感もあります。

絶妙な濃厚さですね、これは美味しい!

麺は三河屋製麺、濃厚なスープにまとわりつくように絡みます。

さらに伸びにくいのも特徴ですね。

チャーシューは鶏胸肉で、低温調理、しっとりと軟らかいです。

別添の

生姜 & オニオンフライの味変でスープは劇的に変わります。

また、卓上の黒七味や山椒、たまねぎ油などを使えば

麺大盛りでも最後まで飽きなく食べることが出来ました。



麺屋ひょっとこ 交通会館店

綺麗でクリアで雑味のない絶品スープが魅力の和風柳麺690円!

有楽町の交通会館地下飲食街、 L字型7席ほどの極狭いカウンターのみの店です。 狭いのでどの時間でも比較的待つことが多いです。 メニューはラーメンのみで 和風柳麺(らーめん)と柚子柳麺の2種で トッピングや茶飯というライスもあります。 柚子柳麺が人気ですが、和風柳麺690円を注文です。 まずは、綺麗な澄んだスープを5口くらいいただきます。 ずっと飲んでいられるくらい雑味のないクリアな味。 しっかりと鰹や昆布の出汁がきいて和風で素材を活かしたスープです。 この味が最初から柚子風味になっているのはもったいないと思う次第で いつも柚子柳麺ではなく和風柳麺を頼みます。 (ちなみにこれは阿夫利でも同じです) ラーメン中央に分厚く長いチャーシューは見た目より柔らかく美味。 三つ葉、大きなメンマ、味玉ものっています。 麺はストレートで特徴はそれほどないですが 柔らかくなくスープとの相性も良いです。 和風なので本当にあっさりと1杯いただけます。 当然、スープは完食。 やはりこの店はスープ、そしてボリュームあるチャーシュー それで690円とは本当にありがたいです。



支那麺 はしご 本店

スープが絶妙な老舗の担々麺(だんだん麺)をいただく!!

銀座本店、昭和39年創業らしいです。 カウンターオンリーですが 広くてゆったりとしたカウンター ジャズがかかって暗めの照明は居心地良しです。 多くの方が担々麺を注文します。 人気メニュー「排骨(パイコウ)担々麺を注文です。 こちらでは、担々麺は”だんだんめん"と呼びます。 数分で到着。 ごはんは無料でおかわり自由とのこと。 まずはスープ。 いわゆる担々麺ではないです。 こちらの店独特ですね、これは。 ちょいと辛くて旨味とコクのある深い味。 担々麺のごま風味は前面には無く 食べたことない味わい。 ストレートのやや細麺には このスープが絶妙に絡みます。 中辛、激辛の指定もできるらしいです。

銀座 風見

酒粕濃厚スープのもちもちラーメン!!

銀座西6丁目交差点 中央通りから外堀通りを越えた路地 オープンからたったの10ヵ月で明星食品とコラボし、 同店監修の「酒粕濃厚醤油」というカップラーメンを出すほどの名店らしいです。 酒粕濃厚つけ麺1000円にしました。 こちらは店内は7席のカウンターのみなので 自動販売機で買った後に 再度呼ばれるまで外で待つスタイルです。 店入ってすぐの自動販売機で購入。 トータル15分ほどで着席です。 テーブルには レンゲと水が用意されています。 すぐに具が運ばれました。 チャーシュー2枚 新潟の栃尾揚げ(焼いた薄揚げみたいな感じ) ほうれん草 味玉です。 3分ほどして 麺とスープが到着です。 まずは麺からいただきます。 個人的には理想のつけ麺の麺です プルプルモチモチの太麺 麺は京都の有名製麺所の「麺屋棣鄂」に 特注で作ってもらった麺だそうです。 まずは、何もつけずに食べても素晴らしい 美味しい喉越しです。 続いてスープを一口 濃厚でいろんな旨味が凝縮しており あまり酒粕は感じないです。 豚と鶏を合わせた白湯スープに酒粕を入れているそうです。 スープだけではちょっとしょっぱいかも と思いましたが 麺と合わせるとちょうど良い濃厚さです。 具も豊富なので 麺と一緒に食べたり 最後まで美味しくいただけました 最後はスープ割をお願いすると 作って再度持っていただけました。 これにテーブルの上の 生姜と柚子胡椒を入れると 思いっきり味変で 美味しいジンジャースパイススープに 熱々で飲み干して終了です! 酒粕が苦手な人でも大丈夫かもしれないですね〜 動物系の旨味を 酒粕でマイルドに仕上げた 酒粕が主張しすぎない 美味しい酒粕ラーメンでした ごちそうさまでした!



銀座鴨そば 九代目けいすけ 銀座店

極上の鶏そばに出会った感動!!

銀座シックスの東側 ラーメン店が立ち並ぶラーメンストリート と呼ばれるエリアにあります。 まずはスープを一口! ついに美味しい鶏白湯に出会いました と言う気持ちです。 まろやかで濃厚な味わい 濃いですがしょっぱくなく 旨味がしっかりと伝わってきます ベースは醤油ダレですね 麺は中太のやや加水麺かと思います。 モチっとちょうど良いぷるぷる感です。 ややちぢれているので多加水麺ですが スープとも混ざり感が良いです。 スープは汁を飲み干してしまえるほど 大満足な一杯です! 途中から卓上の黒七味唐辛子・粉山椒・柚子七味唐辛子 を少しづつ足して行くと スープの魅力がさらに拡がります!! できれば醤油ではなく 白湯でシンプルにいただきたいと思いました。



焼きあご塩らー麺たかはし 銀座店

GINZA SIXの裏は、ラーメンストリートと言われるぐらい「むぎとオリーブ」はじめ、銀座での有名店が並んでいます。

店の名前にもある「焼きあご塩らー麺」820円

まろやかな豚骨スープと焼きあごを主体とした数種類の魚介出汁、 かえしにも焼きあごを使用し、動物系と魚介系の重層的な味わいのスープです。 中細の不揃いの縮れ麺も、スープとよく絡みます。 こってりとした豚骨系でもなくあっさりと塩や醤油らーめんでもなく、とくに飲んだ後にオススメならーめんです。 「背脂醬油らー麺」820円

ぶ厚目のチャーシュー2枚にメンマと海苔、玉ねぎがトッピングされています。 「焼きあご塩らー麺」とは違って、ツルツルモチモチの中太麺です。 濃厚なスープなので「焼きあご塩らー麺」の中細麺より確実に相性が良いです。 かなり背脂感の強いスープには玉ねぎのシャキシャキ感が絶妙です。 こちらの麺は栃木県佐野市の製麺所から取り寄せる青竹手打ち麺らしいです。



自家製麺 伊藤 銀座店

ミシュランガイドに掲載された究極の煮干しラーメン!!

銀座7丁目東側のビルの地下にあります。 スパイスカレーイエローと同フロアにあります。 ミシュランガイドに掲載され、 化学調味料無添加の洗練されたスープと麺が有名な店です。 秋田県仙北市角館が本家で 王子 伊藤は、秋田県の伊藤のれん分け。 赤羽 伊藤と銀座 伊藤は、王子 伊藤の息子さんの店らしい。 煮干しラーメンで有名な中華そばと悩みましたが 比内鶏という名前に惹かれ、比内鶏そばを注文です。 麺の量は、大(280g)・中(210g)・小(140g)と70g単位 中がいわゆる普通の量らしいです。
比内鶏そば 中(ネギのみ) 700円 5分ほどで到着です。 麺とスープと刻みネギのみというすごくシンプルな盛り付けのラーメンです。 具材にかけられる費用を麺とスープに投入しているらしいです。 比内鶏そばのスープは 比内地鶏と千葉県九十九里産の高級煮干しのスープ えぐみは全く感じず柔らかな甘みは玉ねぎかと思います。 まろやかな包み込むようなコクと旨味です。 麺は加水少なめのストレート細麺で これが伊藤の特徴らしいです。 麺とスープのそれぞれの特徴を活かした優しいラーメンでした。

むぎとオリーブ 銀座店

銀座6丁目の東側

銀座シックスの東側にあるラーメンストリートと呼ばれる界隈にあります。

ラーメンストリートはどの店もピークタイムは行列必至ですが

行列ではこちらがナンバー1ではないでしょうか。

メインメニューは「鶏SOBA」と「蛤SOBA」。

続きはこちら




SHIBIRE NOODLES 蝋燭屋 銀座本店

昔ほどでの行列は無いですが、人気の店です。

店内は軽快なジャズが流れる昭和レトロな雰囲気です。

麺のメニューは「麻婆麺」「担々麺」「酸辣湯麺」「汁無し担々麺」の4種類。

今回は麻婆麺1000円を倍辛で注文です。薄辛・普辛・倍辛は料金そのままです。

麻婆麺が人気なので売り切れることもあります。

ほとんどの方が注文しています。

隣の方の普辛とは見た目が違います、赤さが際立っています。

まずはスープをいただきますが、これはまさに、本格的な麻婆豆腐です。

ランチにはご飯がサービスでつくので麻婆飯としても楽しめます。

かなりの痺れ具合です。辛さよりも心地よい痺れが鼻から頭に抜けます。

山椒は中国・四川省や和歌山などから取り寄せた数種類を使い分け、自家製ラー油や漢源山椒と呼ばれる上質な四川産の花椒(ほあじゃお)で仕上げられます。

麺はやや加水多めな中太麺でプリプリで三河屋製麺から仕入れています。

心地よい痺れと辛さ、ゴマのパワフルなコクとひき肉の旨味、ピーナッツや揚げネギがいい仕事してます。追加で痺れ系スパイス100円を購入。少しづつ入れると良い感じで痺れが増していきます!卓上に用意されている 「ぶどう山椒オイル」一さじ加えてみると、花椒とはまた異なる風味が楽しめます。



船見坂

東銀座で人気なラーメンです。ランチは並んでいます。

店構えは町の中華ラーメン屋といった感じですがかなり洗練された味です。

夜に訪問です。

まずはビールと餃子。

出汁が効いた餃子はビールにピッタリです。小さいながらも6個420円とは嬉しい価格です。

浅利そば 1000円

浅利の旨味マックス、塩ラーメンベースと思われますが、かなり濃厚なスープです。

浅利の出汁にニンニク・バターが旨味をさらに引き出しています。

麺大盛りでも同じ値段なのも嬉しいです。

塩そば 730円

旨味たっぷりの黄金スープと書いてある通り

綺麗な澄んだ黄金のスープです。

具はナルト、海苔、メンマ、チャーシュー、ほうれん草

上品に黄金のスープに浮いています。

濃厚だけどくどくない旨味たっぷりの塩ラーメンです。

飲み干せるぐらいスッキリと旨い塩味です。

ほうれん草が地味にいい仕事をしています。

麺は中くらいのストレートもちもちで

旨味たっぷりな塩味に絶妙に合います!

かなりハイレベルな塩ラーメンでした。



東京スタイルみそらーめん ど・みそ 京橋本店

濃厚なスープ・もちもちな中太麺が美味しい味噌ラーメン!

銀座一丁目からも京橋駅からも 徒歩約2分ぐらいの便利な立地です。 銀座一丁目からでは 中央通りを銀座通り口交差点を越えて 高速の高架を越えてすぐ左折すると すぐにあります。 店内は狭く、ランチなど混雑時は 狭さを感じると思いますので 苦手な方は時間をずらした方が良いかもです。 狭いながらも落ち着く雰囲気です。 券売機スタイルです。 1番人気は券売機左上の 特みそこってりラーメン970円ですが、 みそこってりラーメン780円を注文です。 違いは背脂の有無です。 また、「特」との違いは 他の店と同じようにチャーシューや味玉の差です。 約5分ほどで到着です。 スープはややスパイシーかつ濃厚な味噌です。 濃厚なみそに背脂のこってり感が合わさり まろやかでいっそう濃厚な味わいになっています。 麺は低加水麺でもちもち、 中太で縮れ麺なのでスープとの絡みも ちょうどよく美味しいです。 開化楼の麺らしいです。 東京では、あまり美味しい味噌ラーメンに 出会っていないので 久々に美味しい味噌ラーメンでした。 卓上にある 山椒と一味で味変しても 濃厚なみそがベースでしっかりとしているので美味です。



鳥藤とりそばスタンド

明治40年創業の鳥藤の麺専門店!スープと大量の鳥チャーシューが絶品!!

築地場外市場にある築地魚河岸3Fフードコート 築地の有名店の小田保・センリ軒・東都グリルなども入っています。 こちらは明治40年の創業以来、築地で鶏肉と鴨肉の卸売りを行ってきた鳥藤初の中華そば専門店。 数ある中華そばのなかでも「むしどりそば」「てばさきそば」がおすすめかと思います。 むしどりそば1000円を注文です、サービスで半ライスがついてきます。 約10分で出来上がります。 鶏専門店の鶏からダシをとった特製スープは見た目は透明でスッキリ系ですが 一口飲むと鶏のうま味たっぷりで、 流行りのドロドロポタージュ系ではないのですが、凄い鶏の旨味がガツンときます。 鶏チャーシューはモモ肉とムネ肉の2種類がトッピングされています。 チャーシューのボリュームも凄いです、半身入ってるくらいの量です。 もも肉はジューシー、むね肉はふっくらと柔らかいです。スープとの相性抜群です。 麺は特筆することはないですが、しっかりと美味しく量も多いです。 スープと鶏チャーシューが際立っているので逆に麺は普通で良いかとも思います。 ラーメンのスープはためらうことなく飲み干せるぐらい綺麗なので罪悪感少なめです。 最後はスープを半ライスにかけて鶏茶漬けでいただきます。 とにかく、スープと鶏チャーシューが素晴らしい「むしどりそば」でした。 次回は「てばさきそば」も味わいたいと思います。




万世麺店 有楽町店

肉の専門店の「万世」直営の排骨麺の排骨は脂が甘く絶品です!!

続きはこちら



長浜屋台 やまちゃん 銀座店

福岡人も認める本格長浜ラーメン!「長浜屋台 やまちゃん」!!

博多豚骨長浜ラーメンのお店。 じっくり時間をかけ炊いた豚骨スープが有名。 長浜ラーメンとは、福岡の長浜市場で働く人たちの為に作られたラーメンが発祥。 競りの合間のごく短い時間で食べられるようにすぐに茹で上がる極細麺になったそうです。 博多人から熱烈な支持を集めているお店が「長浜屋台 やまちゃん」。 その有名店が東銀座駅よりすぐに登場しました! 屋台風の外観で赤ちょうちんがぶら下がる店、やまちゃん。 コクがあるのにサラッとした豚骨スープ。まさに長浜で食べられている本場の豚骨ラーメン。 長浜の屋台はすでに閉店してしまいましたが、その味が東銀座で食べることができます。 麺の硬さは「バリかた」、「かた麺」、「ふつう麺」、「やわ麺」、スープをよく吸ったやわらか麺の「ズンダレ」の5種類 「やまちゃん」のスープはコクがあるのに臭みがなく、透明なスープは上品ですらあります。 それが極細麺に絡みつき一気に食べ続けられます。



六厘舎

現在の濃厚スープ「つけめん」の元祖、東京駅でいただく絶品極太麺&魚介豚骨Wスープ‼

2005年に大崎にオープンした「六厘舎」当然「大勝軒」がつけ麺の元祖ですが、 今の主流のつけ麺「濃厚スープ・極太麺」を確立したのはこちらなのではないでしょうか。 本店が2010年に突然閉店したのは行列のため近隣住民の迷惑になるからという理由、 そして、こちらの東京駅が本店的な感じになっているみたいです。 店内に入る前に券売機で購入し店員に渡すシステムです。 看板メニューは当然、つけ麺。 デフォルトのつけ麺850円に麺を特盛200円で注文です。

浅草開下楼の全粒粉入り極太麺。艶が本当に美しい。 特盛200円は茹で上がり900gらしいです。 まずは、何もつけずにそのままいただきます。 小麦の旨味と弾力が素晴らしい! モチっと弾力の食感とつるっとした喉越し、 個人的には麺類ではこの2大特徴の食感が大好きです。 スープは魚介豚骨でどちらかというと魚介が強く感じられ、 濃厚ドロドロな感じですが、柚子の酸味が程よく中和してくれます。 超濃厚と評されますが、そのままでも飲めるぐらい美味しいです。 チャーシューは薄めですが旨味しっかりとスープと合います。 調味料は魚粉、六厘舎の特選焙煎七味黒、ライム酢です。 この調味料が素晴らしいです。 途中から特選焙煎七味黒、ライム酢を入れていくと大きな味変になり 特盛でも飽きなく一気に完食です。 特盛はスープも2倍なのでスープが足りないことは無かったです。 1050円で絶品麺とスープを堪能出来て大満足です。



175°DENO担担麺 GINZa

銀座にある人気の 痺れ系ラーメン 人気の2店舗のうちのひとつ 蝋燭屋の列が凄かったのでこちらへ 汁有りのすごくシビレる、を注文。

野性味溢れる辛さというより銀座らしく辛さを上手くまとめた印象。



香味徳 銀座店

鳥取でポピュラーな牛骨ラーメンを銀座でいただく!!

牛骨ラーメンといえば、鳥取県と言われるくらい、ご当地らーめんとして有名らしいです。 牛骨ラーメンの人気店「香味徳(かみとく)」の東京唯一の支店が、銀座にあります。 HPを見てみると 香味徳ラーメン3代目となる兄弟、紙徳真一、潤一の2人は 香味徳の味を全国にそして世界に広めようと、兄は銀座店、 弟はハワイで香味徳ラーメン店を開業した。 とのこと、 こちらは三代目でハワイにも店があるとはびっくりです! 券売機で悩みますが、種類は 店名にもなっている香味徳ラーメン、 東京限定の香味徳 白(こってりピリ辛)、香味徳 醤油(牛×魚介のWスープ)、 魚介牛骨つけ麺、担々麺に味噌の計6種類が基本です。 ライスは終日無料、ランチタイムは麺大盛りサービス、 さらに毎月5の付く日(5日・15日・25日)と雨の日はワンコインでラーメンが食べられたりと、銀座らしからぬサービス満点です! 銀座限定の香味徳白700円とランチのみプラス50円で豚丼のセットを注文です。 香味徳白はこってりな牛骨白湯にピリ辛らしいです。 まずは豚丼が到着。 チャーシューの細切れとソースがかかっており美味です。 食べ放題のキムチとの相性も抜群です。 5分ほどしてラーメンが登場。 熱々のスープからいただきます。 これは実にめちゃくちゃ濃厚な白湯です。 決してジャンクな濃厚ではなく ある意味あっさりとしつつ上品な濃厚と言えます。 このスープの出汁で鍋がしてみたいなぁと思えるくらい濃厚で旨味が凄いです。 麺はやや細めのやや縮れで 麺との絡みは抜群です。 ピリ辛のラー油と野菜を混ぜながらあっという間に完食です。 そして残った白湯スープを キムチののった豚丼になみなみとかけると 素晴らしい牛骨白湯雑炊ができます。 これまた旨いです!



肉そば鶏中華最上川

山形名物「肉蕎麦」と「鶏中華」が新橋で手軽にいただけます‼

新橋からやや歩きますが、山形県河北町が発祥の名物「肉そば」がいただけます。

カウンターがメインでテーブルは2席です。

元祖の地、河北町で人気の「冷たい肉そば」。

特徴は山形特有のコシの強い蕎麦と、コクがあるのにスッキリした親鶏だしのつゆ。

その上にのった親鶏はコリコリで素晴らしい美味しさです。

ネギとの組み合わせは冷たいスープと絶妙のハーモニーです。

残念ながら、蕎麦は売り切れで中華麺になりました。

いわゆる「鶏中華」です。

こちらが好きな方も多く人気のメニューです。

さすが、冷たい出汁と親鳥の組み合わせは最高ですね。

初めて鶏中華にしましたが、麺は冷麺みたいにコシがあって

「鶏中華」ファンの気持ちは理解できますね。

蕎麦・中華麺共に山形蕎麦を堪能できます。



麺屋 武一

スープがとにかく旨い!鶏白湯濃厚スープ!

新橋駅をSL広場側に出てニュー新橋ビルを超えて 新橋三丁目交番裏手の路地にあります。 大きな通りから路地に入ってすぐなのでわかりやすいと思います。 外の券売機で買って店内に入ります。 麺は大体こんな感じです ラーメンは 濃厚鶏骨醤油そば 濃厚鶏白湯そば 濃厚辛味噌鷄そば の濃厚なものと 比内地鶏の白湯そば こちらは濃厚ではなく鶏ガラのあっさり塩ラーメンです。 つけそばは 鶏白湯濃厚スープが基本で 鶏白湯スープと 鶏骨醤油スープから選べびます 麺の量は、つけ麺は 並盛りで200g、中盛りで300g までは追加料金なしで 大盛り100円 400g 特盛り150円 500g になり、有名なつけ麺としては良心的かと思います。 今回の注文は つけ麺の 鶏白湯濃厚スープ 830円+大盛り100円です。 スープは名前どおりにかなり濃厚な鶏白湯で 旨さがギュッと凝縮しています。 かなり絶妙な濃厚さです、素晴らしい。 麺は平打ちでやや太麺でやや縮れか、ほぼストレートな感じです。 もちもちで、スープがよく絡み相性抜群です。 具はつくねと小さいチャーシューでした。 麺は普通の上ランクぐらいつけ麺 スープはかなり絶品だと思います。


東京駅 斑鳩

鶏ガラ&豚骨&魚介節の粘性濃厚スープが魅力な1杯

東京駅のラーメンストリート。

大阪に向かう前にランチ時にぐるっと回って見て比較的並んでいないこちらにて。

市ヶ谷で有名なラーメン店「斑鳩」の支店です。

こちらの店は豚骨魚介の醤油ラーメンが看板。

時間があまりなかったので、人気の「東京駅らー麺」(1,030円)を注文。

具はでかいメンマ、チャーシュー2枚、たまご、海苔、ナルト、水菜です。

チャーシューはかなりトロトロでレベル高いです。

でかいメンマ(穂先メンマ)は長くコリコリです。

トッピングはなかなか楽しませてくれます。

スープは豚骨魚介、豚骨も魚介もちょうどバランスのとれた濃厚かつまろやかな味のスープです。

麺はやや縮れて中太麺で、優等生なスープと良く合います。



銀座梵天

絶品ラーメンランチ!銀座でいただく麻辛丸(マシンガン)という名のモチモチ麺のつけ麺

銀座1丁目柳通り添いのビルにあります。 つけ麺の麺が美味しいのと 麻辛丸(マシンガン)というつけダレが有名 ということで初訪問。 通常のつけ麺は800円、麻辛丸にするとプラス100円 大盛・特盛はそれぞれ100円プラスになります。 二人ともに麺は特盛にして、通常のつけダレと麻辛丸にして食べ比べます。 1000円と1100円になります。 麺は噂通り、クオリティ高いです。 三河屋製麺の中太のちぢれ麺がスープとよく絡みます。 食感はややしっかり目のもちもち感で 固すぎるというほどでもなく良い塩梅です。 特盛はプラス200円だけあって、さすがの量です。 まずは、通常のつけダレから スープは醤油ベースです、そしてかなり酸っぱい味付けです。 サッパリとしており、これはこれでありかもと思いますが 今流行りの濃厚なつけダレとは真逆です。 ちょっと物足りないかもしれないです。 続いて麻辛丸ですが、酸っぱ辛いという表現が良いかもしれないです。 酸辣湯麵よりも辛さはしっかりと痺れる感じです。 途中から一味を入れるとさらに辛さにコクが加わり 特盛でも一気に完食できます。 つけ汁の中には大きなチャーシューやメンマも入っており 茹で卵もついてくるので食べ応え抜群です。 やはり、100円追加で麻辛丸がおススメかと思います。



天丼・らぁ麺 ハゲ天

老舗の天丼と天丼用に開発されたラーメンとのセット!!

銀座5丁目すずらん通りにあります。 天ぷらの名店ハゲ天が 天ぷらに合うラーメンをと開発したらしいです。 16時なのに店内はほぼ満席です。 自動券売機の左上 迷わず店名の 天丼とらぁ麺のセット1380円を注文です! ほとんどの方が このセットか 天丼上とのセット1630円を注文していました。 かき揚げが追加になるみたいです。 また、トッピングで 250円と300円でいろいろ天ぷらを追加できるみたいです。 7〜8分で到着。 これは炭水化物好きの人間には たまらないビジュアルですね〜 まずはらぁ麺から スープは博多風のとんこつで ややあっさりとしたやさしい味です。 麺は細麺なので どちらかというと天丼の 味噌汁がややボリュームがあるという感じ。 重たくなく天丼の邪魔はしないけど しっかりとした旨味たっぷりのラーメンです。 天丼は 当たり前で美味しいです。 海老が二本も入っており、 贅沢な天丼です。 ラーメンと天丼なので多いかと思いましたが さすが、全くお腹にもたれないです。 ミニラーメンが付いてこの内容と値段 銀座ではかなり嬉しいです!

閲覧数:49回0件のコメント

最新記事

すべて表示