検索
  • beautokyo

銀座おすすめランチ/銀座中華ランキング

更新日:2月27日

銀座にはあらゆるジャンルの美味しい店がありますが、銀座在住の筆者による銀座周辺(銀座駅から歩ける距離:新橋・日比谷・有楽町・京橋・日本橋の銀座寄りの店)の個人的ランキングです。

基本は個人的コストパフォーマンス順に記載しており、随時入れ替えを見直しております。

是非、銀座ランチの参考に役立てください。



東京チャイニーズ 一凛

とにかく最高!としかいいようがないくらいエクセレント!


平日ランチもおすすめですが、週末ランチコースは絶品、本当にすばらしいです。

続きはこちら



ジョーズ シャンハイ ニューヨーク 銀座店

ニューヨークのチャイナタウン、ミッドタウン、クイーンズで3店舗展開している小籠包で評判のモダンチャイニーズレストランです。

続きはこちらで確認ください!



涵梅舫 銀座店

赤坂にあった北京宮廷料理の名店「涵梅舫」ビルの取り壊しで数年経って銀座へ。

続きはこちらへ



四川名菜 川府

旧「銀座敦煌」の高級中華が「四川名菜 川府」という名前に変わっていました。 昔は「銀座敦煌」という名前でかなりバブリーな雰囲気の中華でした。 店内はそのままで、薄暗い照明。 基本的には半個室になっているので、 一人ご飯でもソーシャルディスタンスばっちりです。 四川料理の店で、辛さが選べる麻婆豆腐と日替わりが人気です。 私はお決まりの 五目あんかけ焼きそばを! ランチなら980円です メニューには海鮮あんかけ焼きそばもありましたが、 五目には烏賊海老帆立が入ってるらしく注文です。 スープ・サラダ・漬物・杏仁豆腐が一緒になって登場です。 まずは、卵スープ やはり高級中華ですね、化学調味料はまったくないです、上品な味わい。 サラダは普通。 さて本題の「五目あんかけ焼きそば」 海鮮は烏賊・海老・帆立! さらにタケノコ・フクロダケ・キクラゲに 色とりどりの野菜も入って満足な具材でした。 麺は適度に焦げがある理想の麺 麺大盛り100円につられてお腹一杯です! こちらは、銀座で一人飯の方にもおススメの 高級中華の超コスパランチです。



東生園

銀座6丁目内幸町方面の泰明通りとコリドー通りの間の路地にあります。

立川談志が愛した焼き餃子が有名な昭和の町中華、外観も店内も良い感じのレトロ感が満載、ランチはかなり満席になる人気店です

ランチは900円統一で9種類あります。

本日は五目焼きそばを選択、内容はあんかけ焼きそばです。

大ぶりの烏賊・海老・木耳が目に入ります。

その他の具材は、豚肉・筍・人参・キャベツ・青梗菜・シメジとかなり豊富です。

麺はやや細麺で焦げもあって良い感じの炒め麵、コシもしっかりと理想の麺です。

餡は片栗が強すぎず弱すぎずこちらも理想形です。

具材・麺・餡すべてが良いバランスで、やはり、昭和の町中華で残っている人気店の

ランチは最強です。



莉苑

高級な真っ赤な店内ですが、ランチは1000円からいただけます。

五目焼きそば1100円を注文

具材がいっぱい上品な餡かけで最後までアツアツの

理想に近いあんかけ焼きそばでした。



ビーフン東

新橋駅前ビル1号館の2階にあります。

池波正太郎氏も愛したという「ビーフン東」は新橋に誕生して70年近くになるらしいです。

続きはこちらへ



北京料理 東興樓

西銀座 北京料理 東興樓 昭和の雰囲気抜群の中華‼

西銀座7丁目、旧電通通り沿いにある中華です。 古いビルですが入口からなかなかバブリーな雰囲気があります。 2階や3階もありそうでキャパはそこそこありそうです。 1階はテーブルが10席ほどと広い空間です。 老舗の昭和中華です バブルの時はさぞかし華やかだったのだろうという 良い意味で昭和デカダンスな印象です。 一品の値段は銀座レベルですが、ランチはかなりお得な値段設定です。 今回は初めて五目あんかけ焼きそばを注文 これは!灯台下暗しでした 990円でハイレベルなあんかけ焼きそばです。 具材は豚・海老・烏賊・木耳・ウズラ キャベツ・タケノコといった基本の具材に ミンチボール・魚天ぷらも一切れづつ入っており、 味わい深い一品になっています 麺は太さも炒め感もちょうどよく 焦げの入り方も絶妙です もう少しだけ餡が強いと完璧ですが 充分な旨さでした。 流石老舗の貫禄の味です。 おそらくですが、どれを食べてもかなりおススメかと こういった老舗の中華店のランチはどれも美味しいのが定石かと思います。 期待以上に美味しかったランチは得した気分ですね。



創業52年、銀座の老舗中華料理店

味の中華 羽衣 銀座本店

銀座七丁目 池波正太郎も好きな店の一つらしいです。

昭和の香りが残る銀座の昔ながらの中華屋さんです。 ランチは日替わりがお得で人気ですが、 五目あんかけ焼きそば1000円を注文です。 あんかけ焼きそばは硬い揚げ麺とのことです。 あんかけの味は理想通り、コクがあってちょいと塩っけもあり、ビールに合いそうな味。 雰囲気も良くて素晴らしい中華屋さんです。




珞珈壹号 銀座店

中国5大麺の「レッカン麺」を銀座でいただく

レッカン麺大盛り(無料)で注文です。辛く出来るか聞くとOKとのこと。 湖北では朝ご飯の定番で、中国5大麺の一つと言われ混ぜそばのように、茹でた麺に黒ゴマの風味が効いたソースと具材をよく混ぜ合わせて食べるのが特徴らしい。 ちなみに他の4大麺は、 北京の炸醤(ジャージャー)麺、山西の刀削麺(とうしょうめん)、蘭州拉麺(らんしゅうラーメン)、四川担担麺らしいです(諸説あるらしいです) 約10分で登場した「レッカン麺」 これはインスタ映えしますね。 麺の上には、豚肉・野菜・ナッツ・漬物と パクチーがのって見た目にも美味しいビジュアルです。 肉味噌、黒ゴマペーストたっぷりのソースに中太の麺、 柔らかくもっちりした食感で他にはない味わい 本場と同じ麺を再現するために、製麺所に特注しているらしい。 今まで食べたことがない味わいです。 不思議に濃厚な味、麺は太麺もっちりで 濃厚な味をしっかりと受け止めてくれます。 最後は真っ黒にイカ墨パスタのようです。 これは、旨い美味い‼



御膳房 東急プラザ銀座店

六本木が本店で銀座にもいろいろな店舗を展開しています。 きのこ鍋など雲南料理が有名です。 こちらは銀座西5丁目の東急プラザのレストランフロアにあります。 店内はシックなレストランバーのような雰囲気で ゆったりとできます。 御膳房グループはいろいろと伺っています。 何もかも美味しいのですが、 あんかけ焼きそばも絶品です! ランチでは スープ・サラダ・ご飯・漬物・デザートがついて1300円 麺大盛りでプラス280円です。 約10分少しで到着、大盛りの量は流石の量です。

麺も具材も素晴らしいのです まず麺は やや平打ち中細麺でコシがしっかり 適度に部分部分焦げができるぐらい炒められており 食べ応えも喉越しもちょうど良いです 具材も完璧です 海鮮は海老・烏賊・帆立 木耳・マコモダケ・タケノコ・くわい ヤングコーン・青梗菜・白菜・人参・ウズラ 五目どころではない種類、そして決め手の餡ですが 雲南料理だからかオイスター中心にこってりでもなくあっさりでもなく ちょうど良い味付けです。 ややスパイス感のある仕上がりがアクセントになっています これは麺・具材・餡が完全に一体となった 素晴らしい五目あんかけ焼きそばです! 相方の五目湯麵は大盛りで1300円プラス280円

具材の内容は焼きそばと同様でたっぷり入っています。 しっかりと餡で閉じ込められた 具材と麺はいつまで経っても冷めずに美味しくいただけます。 麺はこちらもやや平打ち中細麺でコシがしっかりあります。 こちらのランチはしっかりとボリュームもあり、定食もおすすめです。



個室中華 頤和園 京橋店

頤和園でのランチは多くの人が注文する担々麺です。

霞ヶ関店では本当に担々麺目当ての客が多かった気がします。ランチタイムだけで約400人の行列ができるほどだったらしいです。4人に1人は、名物である四川担々麺を選択しているそうです。

その秘密は胡麻の挽き方にあるみたいです。

特注の胡麻挽きを使用して挽いた胡麻を丼に自家製の辣油、酢、醤油だれ、きざんだ葱、挽いた胡麻をいれ、鶏ガラスープを加え麺が投入されます。

担々麺と言えば、ここ数年は辛さで競っているイメージが定着化していますが、辛過ぎず、こってりもしておらず、香ばしい胡麻スープの旨味がもっちりとした麺に絶妙に絡みます。

本当に旨いの一言、これは唸りますね!

麺もコシが強くて、スープと良く絡みます、さすがです。

そんな頤和園の「あんかけ焼きそば」は当然美味しいはずと、相方は当然担々麺、私は五目あんかけ焼きそばを注文です。

五目以上の具材とあっさりでもなく濃い訳でもなく、絶妙な具材から出る出汁が泥濘に上品にまとまっています。麺は担々麺と同じくモチモチでコシのある麺でした!

やはり麺が美味しい中華のあんかけ焼きそばは絶品でした。



歓迎 銀座中央通り店

蒲田の名物といわれる羽根付き焼き餃子。

その生みの親といわれるのが『你好本店』ですが、『歓迎(ホァンヨン)本店』も

蒲田の餃子御三家に数えられる有名な中華料理屋さんです。

ニンニクを使用せず、豚挽肉と鶏挽肉、白菜、干し大根、ニラ、ネギなどで餡を作ります。

肉汁がしみ出る美味しい餃子です。

こちらでは5個350円です。

餃子350円を一人前づつ頼み

私は五目焼きそば850円

妻は北京汁そば780円

とかなりリーズナブルです。

麺大盛りはプラス200円なのでどちらも大盛りでお願いしました。

五目焼きそばはあんかけ焼きそばです。

焼きそばには中華玉子スープがつきます。

具材は海老・豚・白菜・人参・木耳といった基本具材に

フクロダケ・ピーマン・タケノコと豊富な内容です。

麺はやや焦げが少しあるぐらいでそれほど炒めが強くない感じです。

餡は少な目でもう少しあればと思いますが、この値段でこの内容は素晴らしいです。

相方の北京汁そばは溶き玉子にしっかりとした餡で閉じられ

熱々が最後まで続いてこちらもコスパ良いですね。

この値段であれば餃子や一品をいろいろ頼んで数人でシェアしてもお得かと思います。



陳家私菜 有楽町店

20年間研究した結晶の頂天石焼麻婆豆腐ランチは餃子・唐揚げもついてかなりお得なセットです‼

有楽町駅から丸の内方面へ少し歩き国際ビルの地下一階の飲食店フロアにあります。 「激辛グルメ祭り」にて2年連続グランプリ獲得し、激辛好きにはかなり有名な店です。 日曜のランチではほぼ満席でした。 元祖・頂天石焼麻婆豆腐と頂天石焼麻婆刀削麺 が有名ですが四川系の定食もあり、ミニよだれ鶏やミニ麻婆豆腐などを追加で頼めますので いろいろと楽しめるお得なランチでおススメです。 二人で訪問しそれぞれ 元祖・頂天石焼麻婆豆腐ランチ850円プラスミニよだれ鶏300円

頂天石焼麻婆刀削麺ランチ880円プラスミニよだれ鶏300円 手作り餃子、鶏唐揚げ、日替わりスープ、中華サラダ、杏仁豆腐 をバイキングコーナーから一人1回盛ることができます。 餃子は一人3個までとなっています。 約7分ぐらいで2品ともにぐつぐつと石焼の器で到着です。 頂天石焼麻婆豆腐は20年間研究した結晶で頂天に達したと自負する自信作です。 中辛・極辛・地獄辛まで辛くできます。地獄辛に挑戦です。 頂天石焼麻婆刀削麺は頂天石焼麻婆豆腐に刀削麺がつきます。 料も辛さの選択も頂天石焼麻婆豆腐とまったく同じです。 こちらも中辛・極辛・地獄辛まで辛くできます。地獄辛にしました。 追加で頼んだミニよだれ鶏も素晴らしい辛さとコクです。 よだれ鶏は日本で初めてメニューに取り入れたのは陳家私菜が元祖らしいです。 2ヵ月に1回、オーナーシェフ自ら四川省成都郫県(ピーシェン)に赴き、日本では手に入らず、 四川の市場にも出回っていない7年ものの郫県(ピーシェン)豆板醤を現地の人を説得して仕入れているそうです。 さすが、熱々で辛さがマックスの中にコクのある旨さがしっかり感じられます。 おススメで大満足なランチです。



菊凰

銀座1丁目、昭和通り添いの1回にあります。

旧ヤマト運輸の大きな倉庫の並びです。

入口の雰囲気とは違い比較的テーブル間も広く

古い建物ですが店内も明るく綺麗で清潔な感じでした。

基本のランチは4種類あるのですが

単品メニューから

あんかけ焼きそば900円

こういう店は絶対あんかけ焼きそばは旨いという確信をもって注文です。

約10分でスープとともに到着

まずはスープが熱々で旨い!

醤油ラーメンのスープだと思いますが

やさしく添加物のない醤油ラーメンの味です。

つづいて、あんかけ焼きそば

見た目も綺麗です。

化学調味料あまり感じない

やさしい味わいです

あんかけ焼きそばの

具は海鮮無しですが

フクロダケや木耳が入り

麺もちょうど良い炒め加減

パリとフニャの絶妙なバランス

餡も固すぎず汁っぽくもない理想

意外なところで当たりの町中華発見でした。



鴻運 新店

新橋駅すぐ昼から呑み全開のツマミメニューが嬉しい町中華 新橋駅すぐレンガ通り沿いにある町中華 店構えも店内も昭和な感じです 上海家庭料理ですが、 通し営業で昼から呑めるので 酒のツマミや珍味など豊富で安価です 食べて呑んで、炭水化物で〆るような 使い方がよさそうな店です さて、ランチに あんかけやきそば こちらは固焼きそば820円 があんかけになるみたいです 炒め麺にできないかと質問したところ こちらの固麺は揚げではなく固く炒めるとのことです まさに理想です。 これは楽しみです~ 約10分で到着です。

良い感じの照りが食感をそそります。 まずは麺をリフトしますが、 モチモチ良い食感と炒め具合ですね 炒め麺ではかなりレベル高いと思います。 具材は豚肉・海老・ウズラ・木耳・フクロダケ・ マコモダケ・タケノコ・白菜・人参 とかなり良い感じの内容です 餡のとろみ具合も理想的です。 味付けはオイスターでもなく 醤油でもなくシンプルな味付けです 具材と油で旨味を引き出している感じですね でも少し物足りない人もいるかもです シンプルな味付けなので 途中から味変で酢と別皿でのカラシが相性が良かったです。



過門香 丸の内トラストタワー店

中国全土選りすぐりの「大陸料理」がいただける銀座の高級中華です。

チェーン店ほどではないですが、高級なビルの飲食フロアに入ってたりします。

こちらは丸の内のシャングリラホテルの2階にあります。

北京ダックやフカヒレなどの高級接待店でもありますが、ランチはそこそこの値段でいただけます。

そして、なんといっても席間が広くあり今の時期、感染症対策的に良いというのは嬉しいです。

こちらのランチでは四川の伝統を継承する重慶麻婆豆腐が1日100食以上ご注文が入るほど人気みたいです。

本日は夫婦で

妻は広東麺セット1450円でライスをニ重慶麻婆豆腐丼プラス350円に変更

さらに麺大盛りプラス300円にて合計2100円というゴージャスな内容

私は五目あんかけ焼きそば1500円というこちらもバブリーな焼きそばを注文です。

まずは妻のセット

見た目も圧巻な内容ですね。

ミニニ重慶麻婆豆腐はしっかりと存在感あります。

広東麺は私の印象では

「麺の上に餡で閉じられた具材が乗っているのっている」か

「スープ自体にとろみがある」という違いを感じていて

こちらの店は前者かという印象です(かなり個人的です・・・)

後者の場合は最後まで熱々が続く印象ですが、どちらも美味しく

こちらも美味しいです。

ミニ重慶麻婆豆腐丼は

『麻』の『しびれ』、『辣』の『辛さ』が複雑に絡み合います

四川山椒の『麻』が引っ張る仕上がりです。

痺れと辛さが奥深いコクのある旨みをさらに高めてくれます。

こちらでは、重慶麻婆豆腐がメインのランチ以外でも

ランチにプラスしてミニ重慶麻婆豆腐丼がいただけるのが嬉しいです。

私の五目あんかけ焼きそばには

スープとザーサイがついております。

スープは白湯系です。

広東麺・あんかけ焼きそばともに

具材は同じだと思います。

ともに餡がしっかりと麺もコシがあって

少し高いですが、素材にこだわっており

大きな海老・烏賊・チャーシュー・椎茸の存在感があり

他にもいっぱいな具材で彩も綺麗です。

空間が心地よいのも含めて値段が高いのも納得です。

この値段ならコスパは良いと思います。



宝龍

有楽町で50年以上の歴史が裏付ける実力派居酒屋系「町中華」の定食

JR有楽町駅のガード下、半世紀以上の間愛され続けてきた老舗「中国料理 宝龍」 そんなに広くない店内はカウンターとテーブルで構成されてます。 特製塩でいただく餃子や単品を頼みながら昼から呑める店ですが、 お得な定食でさくっとという人も多く ターミナルの飲食店ならではのカオスな存在です。 基本、餃子とニラレバ炒めが美味しい店は個人的には、ほぼ間違いない中華と思っています。 本日は私はあんかけ焼きそば、妻はレバニラ炒め定食です。 あんかけ焼きそばは、かなり理想の具材・餡掛け・麺です。

具材は850円の町中華では十分な野菜と海老・マッシュルームなどです。 餡はしっかり目で醤油味が付いた餡です。 具材と餡が結構濃厚なので、それを受ける麺が重要です。 やや焦げがある細めの炒め麺ですが、具材や餡をしっかりと受け止めます。 850円でこの内容は嬉しいです。 妻のニラレバ炒め定食も相変わらず美味しいです。850円

やはり、餃子・炒飯・ニラレバ炒め・木耳と玉子炒めが美味しい街中華は何を食べても美味しいですね。

昭和の香りの絶品中華定食&中華居酒屋です。



三陽

新橋のザ・町中華!日替わりがおススメです!!

新橋の町中華、ザ町中華という雰囲気。 メニューからあんかけ焼きそばを探します。 麺はかた焼きそばのみでした 炒め麺はできないらしいです 町中華では「あるある」ですね。 まあ、ワンオペぽいので 炒め麺を注文来てから作るより 作り置きの固麺にせざるを得ないのですかね。 五目かた焼きそばが730円、 普通のかた焼きそばは630円 五目は チャーシュー・ゆで卵・小松菜 ぐらいが多いのかなぁと思います。 麺は超固麺で餡がかかっても 麺は柔らかくならないくらい固い麺です。 ほとんどのお客は日替わりを注文なので ワンオペの町中華では日替わりを頼むのが 王道かもしれませんね。 相方が注文した日替わりは タンメン+炒飯で900円 こちらはかなりお得な内容でした。 タンメンはシンプルなシャキシャキ野菜、麺は卵麺 スープは懐かしい町中華の湯麵のスープです。 昔ながらのやさしく美味しいタンメンですね。 半炒飯は量は半分ではなく量はしっかりとあります。 パラパラとしっとりとの間ぐらいな良い感じの仕上がりです。 こちらの具材もシンプルな内容です。 あまり化調を感じない素朴な町中華、 突出した印象は無いですが、貴重な町中華です。



リトル泰興楼 Fei店

八重洲の老舗「泰興楼」姉妹店でいただく泰興楼名物のジャンボ餃子がついた「バリューセット」は超おススメです‼


私のメインはあんかけ焼きそばです。 焼そばは細麺ですが、コシがしっかりとして麺の旨味もしっかりとあります。 焦げが適度にあり、ぱりぱりな部分と柔らかい部分が良い感じに纏まっています。

これは、素晴らしい。 具材は海鮮はなく 豚肉・たけのこ・白菜・チンゲン菜・キクラゲ・舞茸などです。 餡は、重すぎずサラッとしすぎず良い感じです。 麺・具材・餡ともにバランスが素晴らしい、個人的には「あんかけ焼きそば」上位ランクです! 妻の「牛バラ麺」

柔らかい牛肉がゴロゴロ スープはコクがあって、最初は濃く感じたらしいですが 食べすすめると意外とあっさり、あっという間に完食らしいです。 私も一口いただきましたが、麺が細麺ですがしっかりとコシがあって印象的です。 焼きそばとラーメンともにいただきましたが 濃い色だったり、最初の一口は濃く感じるのですが 食べ進めるにしたがって具材や餡・スープの旨味が際立って本当に素晴らしい。 ジャンボ餃子2個&メインの「バリューセット」1100円かなりおすすめです。



小洞天 日本橋店

焼売が有名な小洞天本店にてお得な焼売付きランチ

焼売が有名な 小洞天本店にてランチ 本日は「あんかけ焼きそば協会」の活動です。 https://www.ankakeyakisoba.com/ 本日の趣旨は老舗有名店のあんかけ焼きそば探訪です。 私の注文は「あんかけ焼きそば」 ランチの焼きそばは、柔らかい焼きそばはソース味らしい こちらの「あんかけは焼きそば」は「かた焼きそば」のみで 「あんかけかた焼きそば」は焼売のセットは無理らしい ということで、ランチメニューではなく、 単品で「あんかけかた焼きそば」1000円 プラス大盛150円を注文です。 約10分で到着。

具材は烏賊海老豚キクラゲという 必須具材もしっかり入っています。 野菜は青梗菜と白菜と人参、その上に錦糸卵(笑)ちらし寿司風(笑) 味はかなり上品な薄味でした。 相方の注文は ランチの担々麺セット1270円 担々麺に焼売2個がついてきます。

焼売はやはり美味しいですね、崎陽軒よりも肉厚です。 ランチの焼売2個付きはかなりおススメです。 担々麺は辛くしてもらいましたので、 スープは山椒と辣がちょうど良い感じです。 安定した老舗の味です。



上海料理 四季陸氏厨房

ランチはかなりお得な値段設定の銀座高級中華

銀座7丁目花椿通りを西銀座方面へ 二つ目の路地の角にあるビルの9階 エレベータ降りたらすぐ店になっています。 こちらはインスタでも 葱油混ぜそば 1080円 香りニラそば 1080円 麻婆炒麺   1300円 がアップされています。 確かに 葱油混ぜそば 香りニラそば は見た目にもインパクトありで美味しそうなうえ 値段設定も良い感じです。 妻は早々に麻婆炒麺に決定、 麺大盛りがプラス100円なので1400円になります。 私は海鮮五目焼きそば 1500円を注文です。 と少し高めだったですが、大盛りで1600円になります。 まず、すぐにスープが到着。 やや黄色味を帯びたスープは鶏白湯の濃厚な旨味が炸裂です。 中華ランチではなかなかいただけないクオリティ。 玉子スープやラーメンスープが多いイメージですが これはかなり期待できますね。 約10分少しで麺が到着です。 麻婆炒麺は蓋がしてあり、紙エプロンを付けてから 店員が蓋を開けてくれます。 蓋を開けるとぐつぐつ豆腐が揺れています。 味付けは四川の麻辣ほど辛くなく適度にややマイルドな辛さです。 熱々の下からは麺が登場です。 麺は中細麺ながらもコシがあります。 麺大盛りは流石の量ですね。 続いて 海鮮五目焼きそば こちらはあんかけ焼きそばです。 具の海鮮はタコ・アサリ・海老 やや小ぶりに切られ大量に入っています。 他の具材はしめじ・青梗菜・人参・白菜 などです。 肉は入ってないので海鮮の出汁が前面に出て 推測ですが鶏白湯と仕上げていると思います。 上品ですがしっかりと旨味が感じられる出汁です。 麺はこちらも中細麺の縮れ麺ですので この出汁をしっかりと吸い上げて食べ応えがしっかりとあります。 餡は柔らかく少し汁感が強いのは あんかけ焼きそばファンとしては賛否別れると思います。 個人的には、あまりないあんかけ焼きそばなので印象深いです。 この値段なので毎回食べようと思わないですが、 あんかけ焼きそば協会会員としては新たな発見と感じました。



你好GEMS新橋店

新橋駅前のレストランビルにあります。

蒲田の有名な餃子店が新橋へ出店です。 豚バラ肉と白菜、長ネギだけを使用した名物の羽付き餃子が魅力。

カリカリの羽ともちもちの皮の2つの触感の後、中からうま味たっぷりの肉汁があふれます。 餃子以外のメニューも豊富で紹興酒もリーズナブルなのでついつい色々と注文です。

北京ダックはかなり肉厚でもちもちです。

シメはタンメンで。野菜のやさしい旨味とコクがあって本当に美味しいです。



天空飲茶酒家

銀座コリドー通りでコスパ中華ランチ発見!もちろん「五目あんかけ焼きそば」のクオリティも良いです!

コリドー通り沿いのビルの8階にあります。土日もお得なランチがいただけます。 1階にあるランチメニューなどの看板がわかりづらいのか、もっと上手くすればもっと流行るような気がします。 ランチセットは880円~と非常にリーズナブルです。 麺・点心セットは7種類から麺が選べ、点心も3個・スープ・ご飯もつきます。 麺の大盛りはプラス100円だったので、当然大盛でお願いしました。

「五目あんかけ焼きそば」の具材は豚肉・海老・烏賊・フクロダケ・シメジ・タケノコ・人参・青梗菜・白菜と豊富な内容です。餡はっや薄味の醤油と魚介ベースでしっかりと麺に絡みます。 麺は中細麺の焦げがややある炒め麺です。コシもそこそこあり、食べ応えも良いです。

相方が注文した「五目あんかけ麺」も熱々で同じ具材が入っており、クオリティかなり良いと思います。 ほとんどが個室になっており、日曜日のランチでこの値段でゆったりと過ごせるのは本当に嬉しいです。この店は知ってて損は無いと思います。



肉そば鶏中華最上川

山形名物「肉蕎麦」と「鶏中華」が新橋で手軽にいただけます‼

新橋からやや歩きますが、山形県河北町が発祥の名物「肉そば」がいただけます。 カウンターがメインでテーブルは2席です。 元祖の地、河北町で人気の「冷たい肉そば」。 特徴は山形特有のコシの強い蕎麦と、コクがあるのにスッキリした親鶏だしのつゆ。 その上にのった親鶏はコリコリで素晴らしい美味しさです。 ネギとの組み合わせは冷たいスープと絶妙のハーモニーです。 残念ながら、蕎麦は売り切れで中華麺になりました。 いわゆる「鶏中華」です。

こちらが好きな方も多く人気のメニューです。 さすが、冷たい出汁と親鳥の組み合わせは最高ですね。 初めて鶏中華にしましたが、麺は冷麺みたいにコシがあって 「鶏中華」ファンの気持ちは理解できますね。 蕎麦・中華麺共に山形蕎麦を堪能できます。



過門香 點 有楽町イトシア店

銀座過門香のセカンドラインでトレインビューでも有名なお店です。

目の前を新幹線が走るトレインビュー席はお子様からも大人気らしいです。 銀座でも有名な過門香のセカンドライン的存在で点心・飲茶・デザートがリーズナブルに楽しめる店です。 お得なランチコースを注文しました。 ランチコース  3,500円 ■棒棒鶏 棒棒鸡 ■本日のフカヒレスープ 今天清翅汤 ■小籠包と青菜焼売 点心蒸双味 ■大海老のマヨネーズソース 广式生汁虾 ■チンジャオロース 青椒炒肉丝 ■野菜あんかけ固焼そば 蔬菜香炸面 ■デザート 即日冻甜品 感想としては、カジュアルながら高級中華ランチのようなコースは魅力です。

味は上品な味で場所柄いろんな層を意識ており、味付けは濃くないけど薄いばかりでなく、素材の旨味を活かした良い塩梅の仕上がりです。 この値段でこのクオリティはさすが銀座でも有名な過門香の系列ならではかと思います。 ※コース内容が良く変わるので事前確認ください。




中園亭

有楽町で味よりも昭和のノスタルジーを満喫する町中華

昭和40年くらいからJR有楽町駅前にあって存在感のある町中華です。

赤い椅子と白いテーブルが並び昭和時代のノスタルジーを感じる良い雰囲気です。

並ぶほどではないですが、常に7~8割くらい入っている人気店です。

店は2階建てで1階は狭いですが2階はやや広め、古い建物ですが綺麗です。

炒飯、餃子などの定番メニューや変わり種の『レモンそば』が人気です。

続きはこちら



中華料理 華宴 銀座店

東銀座のマガジンハウスの前にあります。
大箱の中華で昼夜問わず賑わっています。
都内に数店舗ある店みたいです。
ランチのメニューは、800~900円くらいと安く人気店です。
弁当も600円ぐらいとかなり安いです。 本日は五目あんかけ焼きそば 800円
を注文しました。
それほど特徴があるわけではないですが、具材もしっかりで美味しいランチでした。

閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示